5172 ちょっとした小旅行へ

ほとんど思いつきに近い感じで、出掛けてくることにした。

行き先は、避難指示が解除された福島県富岡町。 1年前は下りることができなかったこの町は、いま、どんな状況になっているのだろうか?

4月30日(日)

上野駅で、21時ちょうど発の特急ひたちを待つ。

旅の始まりは上野駅から ひたち号を待つ

待っているあいだ、何気なく、自動販売機の前に立ってみると、「おすすめ商品」を提案してきた。あとで調べてみると、これはセンサーが前に立つ人を判断して、おすすめの飲み物を提案するらしい。
この自販機… 前に立つ人を判断しておすすめ商品を提案してくる


ひたち号到着

E657系のひたち号に乗るのは初めて。

乗客は思ったより多かった気がする。

たまには、こうして列車に乗るのは、とても楽しい。

車内はそこそこお客さんはいる 特急で出掛けるなんてひさしぶり

定刻通り、終点いわき駅に到着。いわき駅までの最終列車だった。

自分が想像してたよりも、大きな感じの街だ。客待ちのタクシーの数台程度止まっている。

ただ23時を回って、静かではあった。
いわき駅に到着 23時を過ぎてだいぶ静か… 想像以上に大きな街な感じ… 今夜は比較的気温が高い

5月1日(月)

今朝もいい天気になった。予報は午後から雨ということだったが、そんな感じは全然しない。
ふたたびいわき駅へ。 東京へ向かうひたち号がずらり 竜田行きに乗る 田植えが始まっているみたい 1年ぶりに竜田駅へ ここから代行バスに乗る


代行バスに乗り換え、富岡町へと向かう。 → 富岡町を歩く(前編)


ふたたび竜田駅へ

 

富岡町を見終えて、ふたたび、竜田駅へ戻ってきた。

ここから、いわき駅までは普通列車、いわき駅からは特急ひたちで、勝田駅まで向かう。

過ごしやすいいい季節 いわき駅で乗り継いで…

途中駅で、急病人救護のため10分ほど停車したため、勝田駅へは、少し遅れての到着。

降りたホームの真正面は、改札口を挟んで、そのまま、ひたちなか海浜鉄道の乗り場になっている。

勝田駅と阿字ヶ浦駅の往復運賃に加えて、国立ひたち海浜公園の入園券も含まれているのに、なぜか 勝田駅と阿字ヶ浦駅の往復運賃 より安い切符を購入。
勝田駅へ ひたちなか海浜鉄道は1番線 往復と入場券を足しても往復運賃以下! 阿字ヶ浦駅行きの列車がやってきた


国立ひたち海浜公園と、那珂湊にある車両基地を見に行く。 → ひたちなか海浜鉄道とネモフィラ


那珂湊駅からは単行の列車へ

ひと通りの見学を終え、那珂湊駅から勝田駅へ。

区間運転の1両編成の列車だった。

主な乗客は、地元の高校生たち。車内は賑やか。

勝田に着いたころから降り始めた雨がようやく上がった。

高校生たちの帰宅ラッシュ 雨は少しずつ止んできた 列車に乗っているうちに雨が上がった 勝田駅へ戻ってきた

特急ひたちで東京へ。

あらかじめ座席指定をするのだけど、なぜか毎回、座る場所に幅の広い窓枠が来てしまって、車窓が見づらかったのが、ちょっと残念だった…。
また景色が見づらい… なぜか毎回失敗する…

コメントを残す