5175 ひたちなか海浜鉄道とネモフィラ

いわき駅で乗り継いて、勝田駅までやってきた。

特急ひたちの到着ホームが、勝田駅2番線で、その向かい側1番線が、これから乗る、ひたちなか海浜鉄道のホームになっている。

ひたちなか海浜鉄道は1番線
乗るのは初めて

ネモフィラを見に行く客が多くなることを見越してなのか?2両編成で到着。

でもそれほど客はおらず、かなり空いている感じだった。
ゲッツ! 車内は比較的すいてた

約30分ほどで、 終点阿字ヶ浦駅へ。 かなりこぢんまりとした感じの駅。

もうちょっとゆっくり見てみようと思ったが、公園までの無料シャトルバスがすぐにでも出発しそうな感じだったから、慌てて乗り込む。
終点阿字ヶ浦駅 無料のシャトルバスに乗り換え

10分ほどでひたち海浜公園に到着。雨は強くなる一方。

こんな感じなので、ネモフィラを見たらすぐに帰ろう…と、帰りのバスの時間から逆算し、小走りで、ネモフィラの見える丘へ向かう。
雨が強くなってきた 小走りで数分…

一面、青い絨毯のようなネモフィラは見事だった。
ネモフィラの丘へ ちょうど見ごろ…かな?

晴れて青空のもとだったら、もっと青が映えるのだろうけど…ちょっと残念。
この天気でお客さんは少なめ

花の一つ一つをよく見ると、色の濃淡があることがわかる。
色の濃さに違いがある 色の濃さに違いがある

やっぱり晴れてた方がいいかも…雨は予報通りだったが、傘を持ってこなかった人も多かったようで、濡れたままで移動する人もいた。

天気が良ければ、もうちょっといても良かったが、早めに退散する。

ふたたび、シャトルバス乗り場へ。

自分同様、帰る人も多いようで、バスは2台だった。

シャトルバスで阿字ヶ浦駅へ。 ”落書き”

シャトルバスと列車の接続がとてもいいから、待ち時間があまりなく、駅をゆっくり見るのが難しい。それでも、駆け足で、駅に留め置かれている車両をざっと見て回る。
ユニークな駅名標那珂湊駅へ

キハ222は2年前の5月に運行終了し、キハ2005もやはり2年前の12月に運行終了していた、キハ2005のヒゲ塗装は島原鉄道を思わせる
脇に置かれていた車両が気になる島原鉄道?

阿字ヶ浦駅から10分ほどで、那珂湊駅に到着。

駅舎自体は小さいが、歴史や重厚さが感じられる。
那珂湊駅那珂湊駅の待合室那珂湊駅の待合室那珂湊駅

ホームからは、勝田へ向かう列車や、今日はお休み中のキハ205の姿が見える。
様々な塗装があって楽しい 那珂湊駅構内に置かれた車両

駅を出て裏手に回り車両基地を敷地外から見てみる。
隙間から貨車が見える風景は貴重 たくさんの気動車が見られて楽しい

まるで鉄道模型の世界のよう。 鉄道ファンの興味を掻き立てる品々が所狭しと並んでいる。
無骨な感じが、またいい 車両基地らしい感じ

雨で早めにひたち海浜公園を出てきたおかげ?で、こうしてたくさんの車両を見学できたのは、とてもラッキーだった。

コメントを残す