6878 伊東の旧赤線地帯

旅行・見学・イベント,歴史・地理,街歩き

トンビが舞う…
トンビが舞う…

ふと、思い出した。

そうだ。古くからある温泉地には当然ながら”赤線”があったはず…。

以前、熱海でも探して歩いたことがあったのに、すっかり忘れていた。

思い出したのは、今日の早朝6時半だった。

慌てて伊東の街まで足を延ばした。

いわゆるカフェー建築を探す。

あくまで傾向でしかないが、アールがついた門柱、モザイクタイル、格子窓や手摺り、木彫刻や丸窓など凝った装飾、外観がモルタル…といった建物だ。

どこか独特…
どこか独特…
何とも味のある外観ではないか
何とも味のある外観ではないか
ある程度あたりをつけて歩き回ると、だんだんと見つかってくる。

建物の佇まいが独特の雰囲気を感じさせる。

こちらも典型的?
こちらも典型的?

本当にひっそりとしているから、急いでいるとつい見逃してしまう。

ブログの記事なども参考にする。

でも、こんな建物があった…という比較的最近の記事であっても、本当にあっけなく取り壊しが進んでしまうことが少なくなく、見つからないことも多い。

 

それだけに、見つけられるととても嬉しくなってしまう。

こちらはいくつかのブログの記事を参考に見つけられた。

名残として有名らしいアーチ
名残として有名らしいアーチ
アーチ背後の建物も…
アーチ背後の建物も…
旧赤線地帯の名残を象徴するアーチらしい。

かつて、どのような姿だったのかを調べてみたが、残念ながらあまり詳しいことはわからなかった。

限られた時間のなかで、かつての名残を探す。

よく見れば…
よく見れば…
丸い柱にタイルが…
丸い柱にタイルが…

 

そしてこれは、たまたま目にしたのが、こちらのお店…

「大人の貝酔欲情」

なんという“素晴らしい”センス!

数年ほど前まで営業していたらしい
数年ほど前まで営業していたらしい
なんと洒落た店名…
なんと洒落た店名…
同じ名前で他にもあるのかなと思って検索すると、”伊東オリジナル”のようだ。

閉店してずいぶん経っているように見えたが、伝聞の伝聞の情報だが、2015年8月ごろに閉店したという。

もう7年も経てば、ここまで朽ちてしまうのか…。

時間があれば、もうちょっといろいろと見つけられたかもしれない。

また機会があれば探してみたいが、それまでに少しでも残っていればいいけれど…。

Posted by ろん