ミーアキャットの一日/内山 晟

いきもの, 旅行・見学・イベント, 龍的図書館

488350218X ミーアキャットの一日―earth angel (SEISEISHA minibookseries)
内山 晟

青菁社 2007-05
売り上げランキング : 100248

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

そのユーモラスな姿で、よくテレビでも取り上げられるミーアキャットは、今年映画にもなった。

そのミーアキャットの1日を追う写真集。30cm前後の小さな動物だが、この本もかなり小さい。

アフリカ南部、カラハリ砂漠。ミーアキャットの迎える朝は零下8度近くにもなる。そして、おなじみのあの、すっくと立ち上がるポーズを見せる。これは夜のあいだに冷え切った身体を温めるためなのだそうだ。僕はてっきり、遠くにいる敵を早く見つけるためと思いこんでいた。

群れで生活し、その群れの中で役割分担がなされ、子守のためのヘルパーがいるということなどを紹介しつつ、ミーアキャットの一日を追っていく。

眠りにつく前に、再び太陽に向かってあのポーズを見せる。

朝日に向かって一日の無事を願い、夕日に向かっては一日の無事を感謝する姿にも見えることから、「太陽崇拝の動物」と言われているミーアキャット。

そういえば、ふと、最近あまり太陽と向き合ってないなぁ…なんて思った。

Posted by ろん