5313 JR香椎線~海の中道~市営渡船で博多往復

出張最終日。

ほぼ今回のミッションを終える見通しが立ってきたこともあってか、スムーズに起きられた。

ということで?、朝からちょっと足を伸ばしてみることにした。

朝6時半近くではあるが、まだ周囲は真っ暗だが、お客さんは増えつつある博多駅。

まだ真っ暗の博多駅 長崎ランタンフェスティバルにちなんだ飾り

プラットホームも人の姿は少ない。通勤通学ラッシュまでにはもうちょっと時間が掛かりそう。

スタッフ・サービスの広告は”福岡仕様”。各地で、ご当地広告を展開してるのかもしれない。

階段の広告は… スタッフサービス

”ショートトリップ”で帰ってこられなくなるのは最悪なので、ある程度時間に余裕を持って、ちゃんと時刻表で”当たり”を付けて、博多駅を出発。

博多駅 門司港行き準快速

ふだん乗らない路線からの景色は、とても新鮮。いろいろと想像をふくらませる。

線路の末端を示す、車止め標識が異常に大きくて驚く。

巨大な車止め標識 JR九州の車両に乗るといつも気になる

あっという間に、香椎駅に到着。ここから、香椎線へ乗換え。久しぶりのディーゼルカー。

香椎駅で乗換 香椎線西戸崎(さいとざき)行き

都心から離れる方向の下り列車ということもあって、車内はガラガラ。

単線なので、列車交換待ちなどもある。しばらく住宅地を進んでいくが、しばらくすると砂丘や海が見えてくる。

お客さんはほとんどいない 上り列車と交換待ち合わせ

20分ちょっとで終点に西戸崎(さいとざき)駅に着く。

砂丘と海が見えてくると… 西戸崎駅に到着

こうやって見ると、ずいぶん遠くまで来た感があるが、博多は目と鼻の先。

こちらの車止め標識は、標準サイズだった。

これも日常の朝 こちらの車止め標識は普通の大きさ

駅舎は、ヨットをモチーフにした水戸岡鋭治のデザインらしい。

ホームに並行する位置にマンションが建てらている。

西戸崎駅は無人駅 列車はすぐに折り返していく

通勤通学時間帯が近づき、列車は到着するとすぐに折り返していく。

朝は運行本数は多め マンションとともに住宅地になっている

マンションの他に一戸建ての住宅もあって、香椎線にもそれなりに需要があるかもしれない。

マンションの目の前の空き地を見ると、そこには”高層マンション建設予定地”と書かれた看板が。

もし、本当にここに建てられたら、いまのマンションから見える景色は絶望的なことになってしまう…。

マンションは海に向かって建てられているが… その真正面に無慈悲な看板

ちょっと歩くと、「西戸崎旅客待合所」と書かれた建物があった。渡船場のようだ。

渡船場が… 待合室

もともとは、いま来た香椎線に乗って博多に戻るつもりだったが、すぐに船が来るなら…と、急遽ルート変更で、船で博多に向かうことにした。

タイミングがいいので… 乗ってみることにした

出港時間が近づくと、お客さんが集まってきた。見た感じ通勤とか通学で利用してるようだ。

出発時間になるとお客さんが集まってきた みんな通勤通学での利用

乗客が乗り込んだら、すぐに出港。あっという間に、西戸崎を離れてしまった。

みんな思い思いの場所に座る あっという間に出向

気温は0度。風がとても冷たいせいで、体感温度は相当低かったと思う。

風に当たらなければ、まだ我慢できるか…。高校生が、朝食用の?バナナを食べていた。

遠くに、ヤフオクドームや福岡タワーなどが見える。

外で朝食のバナナを頬張る高校生 一昨日上った福岡タワーが見える

昨夜見た博多ポートタワーがどんどん大きくなっていく。

昨日上った博多ポートタワーが見える たった15分で博多港に到着

市内へはバスに乗り換え定刻通り、博多港に到着。

僕にとってはかなり新鮮な感じがしたが、もちろんこちらの人たちにとっては、これが毎日の当たり前の出来事なのだ。

このあとは予定通り、出張先の事務所に向かう。

今日は博多ポートタワーの外観をしっかり見ることができた博多ポートタワーは、気付いたのが昨日で、今日の16時には帰らないといけないから、明るい時間に見ることはできないと覚悟していたので、偶然でも見られてよかった。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください