5669 経験したことのないことばかり

社会・政治・事件

凄まじい雨…
凄まじい雨…

九州での豪雨が続いている。

あまりにこういうことが続いてしまうと、感覚が麻痺してくるようだ。

レーダーで雨の様子を見ていると、しくみはわかっていても、動かない雨雲が憎らしく思えてくる。

天気の状況を伝えるニュースでは、雨の降り方によって表現を変えていることがわかる。

実際にどのように言っているかを見てみたら、こんな感じだった。

1時間雨量
(mm) 予報用語
10以上~20未満 やや強い雨
20以上~30未満 強い雨
30以上~50未満 激しい雨
50以上~80未満 非常に激しい雨
80以上~ 猛烈な雨

そして、たとえば、猛烈な雨を「これまでに経験したことのないような大雨」と表現して、いかに大変な雨であるかを伝えることになっているようだ。

雨の状況をレーダーでみると、80mm以上を示すえんじ色がかなりの面積を占めていることがわかる。

しかも、今回降ったの80mmどころか、100mm以上だった場所もあったそうだから、本当に想像を絶する。

コロナの影響での外出自粛や在宅勤務といった身の回りで、これまで経験したことのないできごとが続いている。

経験したことのない事態ばかりが続くと、さすがに気が滅入ってくるが、こういうときこそ、力を合わせて立ち向かうしかないよな…とも思う。

どうか、これ以上被害が広がらないように。

Posted by ろん