5630 言葉がない…

物思いに耽る(雑感)

詳細なことは言えないのだけど、身近な人が亡くなったという話を聞いた。

間接的に聞いただけなので、亡くなった詳しい理由はわからない。

これまで彼との接点は多かったが、最近は在宅勤務が続いたこともあって、最後に会話を交わしたのは、もう2ヶ月くらい前だった。

年齢は、僕よりもひと回りもふた回りも若かったから、亡くなったという話を聞いても、まったく“死”と結びつかないのだ。

長期の病気療養の結果…みたいなことであれば、理解はできるが、あまりに突然だったから、頭の整理がつかず、言葉がない。

ただ、実際、この世代の死因のトップは圧倒的に“自殺”、そして“不慮の事故”と続き、それでもう死因の7割に達してしまう。

だから、彼の死については、いろいろと考えてしまう。

前述の通り、詳しい理由を聞けていないので、なぜ亡くなってしまったのかについては、わからない。

いずれにせよ、本人にしてみたら、まさか自分がこのタイミングでこの世を去るとは思ってもみなかったはずだ。

まだまだやりたいこともあったに違いない。

“死”というものをあらためて身近で感じた話だった。

Posted by ろん