4381 旧行川アイランドをふたたび歩く

今から一年ちょっと前に探索した行川アイランドに、ふたたび行ってみた。

閉園して十数年経ち、ほとんど人の手も入らないような状態だったから、変化もないと思われたが、最初から意外な展開があった。

入口付近にあった建物が倒壊したり消えていたのだ。

あれ、倒壊してる…一年前はこんな感じだったのに…入口の建物も消えた
1年前はこんな感じだったのに…

1年前はこんな感じだったのに…

電話ボックスか守衛小屋のような建物が倒壊し、入場ゲートだった建物が撤去されていた。

このまま朽ちるに任せるのかと思っていたから、建物の撤去は意外だった。

こうして建物がなくなってしまった状態から、元の様子を想像するのは極めて難しいことが分かる。

土台を残して消えた…改札口も…

ゲートのトンネルはそのまま入口のトンネルは以前と変わらず。

行川アイランドへの入り方も以前と変わらず。

大量のゴミが出迎えてくれるのも変わらず…。

ゴミもそのまま フロッピーディスクなんかも…

行く手を阻むトンネルと柵 枯れた草をかき分けて… バーベキューをしながらのショー見学? フラミンゴの観賞場所?

前回行かなかった場所へ大きく変わっていたのは、入口付近だけで、それ以外は1年前とほぼ同じだった。

二手に分かれた道路…前回は園内の上のほうを進んだので、今回は下のほうに進む。

海が近づいてきた。

が、コンクリートの基礎を残して建物が撤去され手いて、これ以上近づけない状態になっていた。

ここはいったい何があったのだろう?

これは何の施設だったのか? 完全に破壊されていた

蝋梅が綺麗いったんもと来た道を戻り、海寄りの道を行く。

そういえば…一年前と比べると、季節が1ヶ月ほど遅いせいか、園内のあちこちに花が咲いているという違いがあった。

いずれも当時から咲いていたのだろうか?

カサカサと音がする。鳥か何か?と思ったら、鹿のようだった。それも、やたらと小さい。

キョンだ。かつて、行川アイランドで飼育されていたが逃げだし、野生化したのだ。

警戒心が強く、ほんのちょっと近づいただけで逃げ出してしまう。
これは…? どうやら、キョンだ…

プールが見えてきた。更衣室などはそのまま残っている。
プールのようだ 更衣室跡

骨組みだけ残ったベンチ
妙な形をした鉄の板が落ちていたので、最初、これが何だったのか分からなかった。

座面や背面の木が朽ち、支える鉄の部分だけが残ったベンチだった。

寒々しいこの様子からは想像できないが、ここにも歓声が響いていたはずだ。

プール跡には引き続き水が溜まっていた

あまりに朽ち果てた園内を歩いていると、ところどころに咲いている花がとても愛おしく思えてくる。
綺麗な花が咲いている
またトンネル…

坂を上がり、ふたたびトンネルをくぐると広場に出た。ここは前回訪れた、入場ゲートのトンネルを抜けたところにある広場だ。
トンネルを抜けると広大な広場 入口のトンネルから反対側

看板などはほとんど取り払われているなか、昭和天皇の植樹を記した碑を発見。 ステンレスと思われる金属製のためか、錆びずにしっかり残っている。

その隣にも白い碑らしきものがあった。こちらは木製のためか朽ちてて、表面が剥げて文字が読めない。
天皇陛下が植樹された 隣の白いのは…?

遠くから2本を見ると、無縁ではなさそうちょっと離れて見ると、ちょうど対のようになっていた。

この白い碑のような木にも必ず何か手がかりがあるはず…

 

皇太子による植樹だった

かなりわかりにくかったが、皇太子による植樹だったようだ。

植えたのは、もちろん、今の天皇陛下。

昭和44年とあった。

そろそろ帰ろう。

以前来たことがあって、ある程度の距離感は掴めてるものの、トンネルを何本もくぐってくると、不安を覚えてしまう。

o1gMdY37LzelWAtQ.jpg
IjpIZtXQO99G6WIK.jpg

人の手によって切り開かれた場所が、どんどん自然に還っていく…そんな気がした。
JA59G9GJssLu0qrQ.jpg iEhlVFYkn6x4kOH1.jpg

ようやく外に出られたときは、心底ホッとする気がするのだ。

4381 旧行川アイランドをふたたび歩く” への2件のコメント

  1. コメントありがとうございます。
    前回行ってしばらく経ったので、またどんな感じになってるか見てみたいですね。

コメントを残す