6576 限りなく皆既に近い月食

龍的天文台

晴れてはいるのだけど…
晴れてはいるのだけど…

今夜、限りなく皆既に近い部分月食があった。

実は、ギリギリ皆既月食にならないという現象は、実に140年ぶりらしいが、見た目には別にこれといった特別感はなく、大事なのは見える条件のほうだ。

今回、月の出の段階ですでに欠けた状態、高度の低い段階で最も欠けた状態となってしまう。

周囲に民家やマンションが多いので、こういうときは、あまり条件がよくない。

今日は、いい天気で予報も晴れ…ということで、実際に晴れていた。

しかし、晴れではあっても、うっすらと雲が出てる状態のため、月を見るには向かないという中途半端な状態だった。

月を探すが、うっすらとした雲に隠れているようで見えなかった。

このまま皆既月食に近い状態となったときでも、これでは残念ながら“雲に負けて”しまって、赤胴色の月を見るのは難しそうだ。

何とか見えた月食
何とか見えた月食

まだ勤務時間中だったので、しばらく仕事をしてから、ふたたび月を見てみた。

もう最大の食は過ぎていたものの、ふだん見慣れない欠け方をした月を見ることができた。

カメラの性能の上がったiPhoneでもさすがに、欠けた状態の月を写すのは難しいようだ。

しばらく望遠鏡を使って見てないが、次回は、来年2022年11月8日の皆既月食とのこと。

そのころ、新型コロナウイルスはどうなってるだろう?

_

Posted by ろん