3795 丸窓をスクリーンと舞台に変えて…

芸術・デザイン

昨日から、銀座の奥野ビル「銀座たてもの展」が開催されていて、中銀カプセルタワービルに関連した展示が行われている。

会期は、2013年4月7日(日)、11日(木)~14日(日)、18日(木)~21日(日)まで。

そして、実はその中銀カプセルタワービルを設計した黒川紀章の誕生日なのだという。

これに合わせ、黒川紀章 誕生日記念 パフォーマンス&上映会「A life in the Cell」」が行われるということで、鑑賞に行ってきた。

現在、住まわれている方が少なくなったカプセルタワービルで、明かりの付いている窓はごくわずかだ。

そのうちの2つの窓で、パフォーマンスが行われた。

丸窓をスクリーンに変えての上映会。

そして、丸窓を舞台に変えたパフォーマンス。


手持ちのデジカメでは、なかなかうまく撮影できなかったのは残念。

最初、観客がほとんどいなかったので、心配?になったが、徐々に増えていった。

明かりの付いた窓のうち、実際に上映とパフォーマンスが行われているのは、一番左とその右上だけで、右下の窓については、実は関係がない。

なのに、なぜかパフォーマンスに合わせるかのような動きをしていたため、観客は、そのあたりにも、妙に盛り上がったのだった。

全体を通じて、とてもおもしろい試みであったと思うし、カプセルタワービルの可能性を感じた。

と同時に、あらかじめ観客の方に、もうちょっと詳細なプログラムを知っておいてもらうとか、ストーリーに合わせた音楽などがあれば、もうちょっと楽しめたのではないかと思った。

話の流れが読めず、メリハリが付きにくいように感じたからだ。

でも、通りすがりの人たちの多くが関心を持って見てくれたのは、カプセルタワービルファンとして嬉しかった。

所用で、今日は早々に失礼させてもらったため、きちんと挨拶ができず申し訳なかったが、主催されたすがわらさん、パフォーマンスを行ってくださった皆さま、成り行きを?見守った皆さま、おつかれさまでした。