5245 大回り乗車で旅に出る(後編)

今日はずっと209系ばかりだった…

前編より…

44分待って、内房線木更津行きの普通列車に乗る。

外房線も内房線も同じ209系なので、いくら写真を撮っても代わり映えがしない。

外房線よりも海に近いところを走ってる感じ。車窓に変化があって、見ていて楽しい。

気になる… 車で来る方が便利だもんなぁ…

対岸は三浦半島かな?

内房の海…対岸が見える… 海は穏やか…

屋根のない駅のほうが多い…

単線区間が続くが、交換する回数はそれほど多くない。

それだけ列車の本数が少ないということだ。

あと、屋根のない駅が多い印象。

一部だけでなく、ほとんど屋根のない駅もあって、雨の日は乗るのが大変だな…と思った。

房総地区のローカル線区間が終わり、君津からはふだんの雰囲気に戻ってくる感じ。

総武線横須賀線直通の逗子行きに乗換え。

君津へ 写真撮りそびれたので、木更津にて。

風景も漁港から工業地帯に変わる。大きな建物が増えて、巨大なモノレールの軌道が見えてくると、千葉駅だ。

遠くには工業地帯 モノレールの軌道が見えた来たら千葉駅

錦糸町あたりで東京スカイツリー

君津から乗った列車は、そのまま総武線快速列車となり進んでいく。

錦糸町が近づくと、東京スカイツリーもよく見えてくるが、すぐに地下に潜ってしまう。

馬喰町、新日本橋と続き、東京に到着。

お客さんは少なめ。夕方のラッシュまでは、空いている感じなのかもしれない。

東京に到着 14時過ぎくらいだと人が少ない

地上に上がり、さらに上に上がって、中央線ホームへ。中央特快高尾行きに乗る。

地上に上がって中央線へ 中央線の中央特快

東京を西へ西へ…。高架を走るから遠くまでよく見渡せる。だだっ広さは、千葉で見た風景と変わらないが、田んぼの代わりに住宅が広がっている。

見晴らしがいい… どんどん郊外へ…

八王子に到着。続いて、30分に1本しかない八高線に乗り換え。乗り換え時間がほとんどない。

八王子に到着 ここからは八高線

拝島で、また別の新人ちゃんたちを見かける。

拝島といえば、先日横田基地に来たとき以来だ。車窓からも、アメリカ仕様のトラックが見える。

今日は新人ちゃんが多い… 横田基地脇をかすめて…

茶畑や夕日など、車窓はどんどん変化していく。

茶畑が広がる… もう夕焼け…

八高線は川越線に乗り入れていくので、途中高麗川で下車し、小川町行きのディーゼルカーに乗り換える。

このままだと川越線に乗り入れるので高麗川で下車八高線の非電化区間へ

ディーゼルカーは好き勝手なイメージだけど、旅といえば電車ではなく、ディーゼルカーって感じがするので、今回の旅のなかでは、どうしても八高線を組み込みたかった。

ディーゼルカーそのものが好きというのもある。

高麗川駅に留め置かれていた車両も気になる。

乗客は多い。学校から帰る学生はもちろん、(自宅へ帰るという感じではなく)仕事関係の?ビジネスマン風の人たちも多かった気がする。

座席が空いてないくらいに混んでいる 特等席

いつまででも眺めていられそう

まだ17時前だが、すっかり日の入りが早くなって、周囲はだいぶ暗くなってきた。

最後尾の乗務員室から、流れていく風景を眺めていると、時間を忘れそうになる。

きっぷを買ったのは久しぶりそして、定刻通り、小川町駅に到着。

今朝買ったきっぷは、池袋駅からJR経由の小川町駅までのものだった。

ゴールの小川町に到着 東武東上線のほうが目立つ

今回ただの?大回り乗車だけでなく、ちょっとした旅行気分を出したかったので、小川町駅から徒歩10分ほどのおがわ温泉 花和楽の湯へ。

立ち寄り温泉へ… なんだか旅らしい感じ

平日ということだろう…貸し切りとも思えるくらい、お客さんがいなかったのでのんびりできた。

足湯でも温まる のんびりくつろげる

小川町からは東上線の快速急行で。特別料金なし、クロスシート、所要1時間ちょっと。とっても快適。…おかげで熟睡…。

始発からクロスシートでくつろげる

本当のゴールの池袋駅

 

そして、無事、池袋駅に到着。

今朝乗った山手線ホームは、この隣だ。

なぜだか、今回は思ったほど疲れなかったので、珍しく、また次回もどこかを乗ってみたい…なんて思った。

今回の行程

コメントを残す