4547 コンビニのイートインスペース

今夜はあまりお客さんはいなかったみたいだけど…最近、イートインスペースのあるコンビニが増えてきた気がする。

ほんのちょっと持て余した時間を過ごすときには、もってこいの場所だ。

暇つぶしの学生やサラリーマン、散歩帰り?のお年寄り、おしゃべりが止まらない女子高生などに、定着している感もある。

最近では、だいぶあちこちで増えたせいか、さらに客層が広がって、スーツ姿の中高年の男性数人が集まって、盛り上がってることも多い。

もっとも、アルコール禁止のところばかりなので、きわめて健全?で、おとなしい集まりではあるけれど。

でも、むしろこういう条件の方が望ましい人たちも、最近、よく見かけるようになった。

それは、タクシー運転手たちだ。

当然ながら、勤務中のアルコール摂取厳禁の彼らにとっては、むしろ必須の条件だ。

勤務時間も不規則だから、こうしたコンビニのサービスは、かなりありがたい存在のはず。

コンビニにとっても、客が少ない時間帯に利用してもらえるのは、やっぱりありがたいはずだ。

なんだか、需要側の思惑とと供給側の思惑がしっかり一致していて、すごく興味深い。

ちなみに、”イートイン”は、和製英語だそうだ。

4547 コンビニのイートインスペース” への2件のコメント

  1. とても幅広いblogですね。楽しく読ませていただいてます。
    「コンビニのイートインスペース」は、原則飲酒は禁止なのですが、関西のコンビニでFRESCOという小さいコンビニでは、17時以降ならOKのところがあります。ほかでは、まだ見たことはありませんが。
    お茶だけ買ってPCで何やら仕事をしている(?)人の傍らで、ビ-ルを飲んでる人もいるという場面がよくあります。
    中には、同僚数人で小宴会している豪傑たちもいます。
    あまりうるさいと注意はされるようですが、、
    こんなところで宴会はやめてほしいな~とも思うのですが、、、
    そういえば、駅中のコンビニでもちょっと一杯のおじさんが普通の風景になっていますね。
    妻には「それだけはやめてね、かっこ悪~いおじさんだから」と言われてます。
    これも不況のせいで節約なのかな?

  2. ≫ 田中 肇さん
    飲酒OKなコンビニもあるんですね…知りませんでした。でも、関西らしい?といえば関西らしい感じがしますね(笑)
    僕も、ときどき外出先近くのコンビニのイートインスペースで、軽くメールチェックしたり、パソコンで簡単な資料作成なんかもすることがあります。
    居酒屋で一杯…よりもはるかに安く済むということを考えれば、たしかに不況の影響もあるでしょうし、IT技術の進歩も影響してるんじゃないかなぁ…なんてことも思います。僕みたいにちょっとした仕事もできますし、スマホでゲームなんていうのもかなり日常的な光景になってきてますしね…。
    いずれにしても、お互い「かっこ悪~いおじさんだから」なんていわれないようにしたいものですね(笑)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください