4253 国立天文台

国立天文台正面入口調布飛行場まつりへ行った帰りに、国立天文台に寄ってみた。

調布飛行場にしても、国立天文台にしても、公共交通機関はバスだけで、決して便利とは言えないが、レンタサイクルだったら、移動は簡単。

あまり時間を掛けずに行くことができた。

守衛室は歴史を感じさせる建物で、ここに大まかな住所と氏名を記入して、見学者用のワッペンと見学MAPを受け取る。
守衛室も趣のある建物だ 見学者はワッペンを付ける

国立天文台は、森の中にあると言っていいくらいの、木々に囲まれた施設。
太陽塔望遠鏡(アインシュタイン塔) 毒ヘビ!?

ひときわ大きいドームは、天文台歴史館。かつての大赤道儀室だ。

国立天文台のなかでももっとも大きく、また内部には、日本最大の屈折式望遠鏡がある。

天文台歴史館(大赤道儀室) 望遠鏡の操作盤

1926年の建設で、現在登録有形文化財に指定されている。

望遠鏡の角度にあわせて、床全体が上下するという独特の仕組みを備えているのが特徴。

日本最大の屈折式望遠鏡(口径65cm) 天文台歴史館

見学の順番が前後したが、これが国立天文台でもっとも古い、1921年に建設された、第一赤道儀室。
第一赤道儀室

もちろん、登録有形文化財に指定された貴重なものだが、現在でもしっかり稼働中だ。
登録有形文化財に指定されている

当初は、一般の星を観測していたそうだが、その後はもっぱら太陽観測専門の望遠鏡として使われたという。

第一赤道儀 今日の太陽黒点

森の中の天文台は、ただそこにいるだけでも、なぜか、宇宙を身近に感じさせられるというか、宇宙が近いような気がした。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください