5784 有人宇宙飛行もずいぶん変わった

科学, 龍的天文台

日本時間9時27分、日本人宇宙飛行士野口聡一ら4人が乗る新型宇宙船クルードラゴンが打ち上げられ無事成功したようだ。

インターネットで中継されていた様子を見て、ちょっとびっくりすることがあった。

それは、自分の知っている打ち上げ風景とまるで違っていたからだ。

これまで宇宙船の打ち上げといえば…

管制室は、ものすごい数のモニターが並び、その正面には巨大なモニターが打ち上げの様子を映し出している…

…と思ったら、長机にモニターとパソコンが並んでいる大部屋…。

長机!?
長机!?

宇宙船の操縦席は、狭い空間のなかに宇宙飛行士が詰め込まれて、目の前には無数のメーターやスイッチなどがずらりと並んでいる…

…と思ったら、大きなタッチパネルのモニターがあるだけ…。

タッチモニターだけ
タッチモニターだけ
ずいぶん軽装だ…
ずいぶん軽装だ…

あまりにあっさりとしてて、ちょっと拍子抜けするほどだったが、なるほど、時代は確実に変わったのだ。

Posted by ろん