4097 日本で2番目に短い国道を歩く

建築・都市

国道ご130線の表示発見東京都港区にある、芝4丁目交差点。

ここは知る人ぞ知る有名な?スポットがある。

それは、日本で“2番目”に短い国道の終点。

ちなみに最も短い国道は、神戸にある、国道174号で、0.2km。

そして、堂々第2位が、国道130号で、0.5km(0.482 km)となっている。

これから、その日本で2番目に短い国道130号線を歩いてみる。

交差する国道15号線(第一京浜)は、昨日も歩いたばかりだが、またやってきてしまった。場所は、田町駅(三田駅)と浜松町駅の間くらい。

国道15号線との交差点 国道15号線との交差点

山手線や新幹線、東京モノレールのガード下をくぐり、旧海岸通りの交差点を越えると、国道の風格か、片側2車線の堂々とした道路が始まる。

振り返れば新幹線と東京モノレール 交通量は多い

フットサルコートや、複合施設シーハンスを見ながら、運河を渡ると、首都高速の高架下の交差点にやってくる。
フットサルのコート 芝浦運河

首都高速の下の道路は海岸通り。
シーバンス 首都高の高架下をくぐる

さらに交差点を越えると、新交通ゆりかもめの軌道と、東京税関芝浦出張所が見える。
ゆりかもめが通る この国道の目的地

税関の建物から斜め前の植え込みの中に、国道130号線の起点を示す、0キロポストが設置してあった。
こんなところに0キロポストが… 正式な標識はこれくらいしかない

あっという間の国道の旅は、これでおしまい。

極めて短いながらも、主要国道と港(ここの場合は税関)を結ぶという使命のために、独立した番号を与えられているらしい。

せっかく?こんなに短い国道なのだがら、港区でも“売り”にすればいいのに…と思ったが、2番目では、やっぱり、インパクトに欠けるか…。

国道130号線の起点はここから

[map lat="35.647898″ lng="139.756369″]

Posted by ろん