3901 渋谷ダンジョンを俯瞰する

所用で出掛けたついでに、寄り道してみることにした。

向かった先は、渋谷マークシティ。

ニュースで紹介されていた、渋谷駅の100分の1の木造模型を見に来たのだ。

これを作ったのは大学の准教授をされている方で、以前読んだ本の著者。

そのニュースによれば、以前500分の1の模型を作ったことがあったが、縮尺が小さくアリのような構造がわかりにくかったので、今回は大きなスケールにした…という。

以前読んだ本にも、模型の話が出ていたので、いつかチャンスがあれば是非見たいと思っていたから、これはチャンス…ということで、やってきたのだ。

渋谷マークシティの奥まったところにある、クリエーションスクエアしぶやが会場。

複雑な渋谷駅は“ダンジョン”とも呼ばれている

僕のように最初から、この展示目当てにやって来た人も多いが、ふらっと入ってくる人も多く、注目の高さをうかがわせる。

100分の1ともなれば、けっこうな大きさだ。

複雑な渋谷駅の状況が手に取るようにわかる。

ただ当然ながら、そもそもこういったアングルで見るのは初めてなので、模型と、模型の位置に立った自分の知ってる風景を何度も重ね合わせる作業をしないと、だんだん混乱してくる。

東横線・副都心線渋谷駅のホームや、山手線のホームなど、自分がよく知ってる場所に目線を近づけてみると、模型がよりリアルに見えてくる。

会場にいたスタッフのお姉さんに聞けば、この模型の制作はわずかに1週間程度だったという。

でも、大変なのは、設計するところだったらしく、着手したのは4月だったそうで、やはり大変なようだ。

こうした模型になることで、東横線渋谷駅が地下化して乗り換えが混雑するポイントだとか、乗換の最短ルートなどがよくわかる。

それにしても、こういうのを見ていると、なぜワクワクしてくるんだろう? 不思議…。

公開は明後日25日(日)まで。

 

2 thoughts on price tadalafil usa3901 渋谷ダンジョンを俯瞰する

  1. 地方在住なので、渋谷駅なんて何年も行ってませんが、確かに面白い。見てるだけでワクワクします。
    まさに迷宮ですね。
    実際は土が透けているわけではないので、行くと疲れるだけかも知れませんが、この模型を見ただけで、今度からは楽しめそうな気がします。

  2. ≫ planarさん
    僕もふだんの活動圏からは大きく外れた場所なので、実は、あまり行くことはないのですが、だからこそ、渋谷駅の複雑さを楽しめるような気もします。planarさんも上京された際には、是非(笑)
    さらに、こういった模型によって、立体構造が頭に入っていると、もっと楽しめますよね、きっと。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください