4961 竜宮城ホテル三日月

社会・政治・事件

ついに辞任となった。

“第三者"の弁護士の登場は、批判という火に油を注ぐ結果となった上に、辞任表明までの間、彼を守ろうとする人がまったく現れなかった。

人望のなさや、これほどまで味方がいないのもすごい。

結局、これ以上の追求を逃れるために自ら職を辞しただけのことだった。

最後まで保身に走る人間だったように見える。

どういった取引があったのかわからないが、都議会は追求を止めてしまい、疑惑はそのまま残されることになった。

今回の騒動で気になったのは、騒動そのものとは全く関係ないけど、疑惑の舞台のひとつとなった、木更津の竜宮城ホテル三日月だ。

ここは、付近を二度ほど通ったことがあって、見覚えがあるのだ。

ホテルのすぐ脇から…電柱が…

沖合まで延びていた当時撤去の始まった海中電柱(2014年2月)浸透実験池(2015年3月)を見学したときに、たまたま見かけたのだ。

ここは、東京アクアラインの出入口からすぐだし、ホテルの周囲は何もなく、東京湾が一望できる環境は、非日常感があっていいところだった。

まさか、東京都知事が辞任に追い込まれるきっかけの一つになるなんて、思ってもみなかった。

ホテル周辺は本当に何もない

Posted by ろん