5215 MINITURE LIFE展 田中達也 見立ての世界

MINITURE LIFE展 田中達也 見立ての世界会社からの帰りがけに「MINITURE LIFE展 田中達也 見立ての世界」を鑑賞。

小さいころ、家の中にあるものを別のものに見立てて空想する…なんてことを結構やってた気がする。

こんな想像…けっこうすると思う けん玉の玉が…

こういうふうにも見えてくる…大人になっても、鉄道模型をやってるせいか、そういった意識はあったものの、アートとして昇華させるのとは別だろう。

実は、この前の週末にも見に行ったものの、あまりの混雑で断念していた。

平日の夜なので、前回よりはかなり空いていたが、それでも結構なお客さんが入っていた。

写真撮影可能で、むしろ、SNSなどへの投稿が”推奨”されているくらい。時代は変わった。

写真撮影OKだけど…とにかくシャッター音がすごい…

 

それにしても、みんな写真を撮りまくっている。こんなに撮ってどうするんだろう?…というくらい。Instagramに投稿するにしたって、撮りすぎじゃないか?

自分だって、十数年前から写真を撮る側なので、批判するのも変だけど、シャッター音で気が散って仕方がない。

さて、肝心の作品…。

テニスのコートか… なるほど…島ね… カラフルなクリップが並ぶと… そうか…そうきたか… どこかで見たことある感じもする…新幹線ならぬ新パン線…新パン線が動き出すとみんな注目…大きさの違いを意識してはいけない…

この発想はなかった…いずれも着目点が素晴らしい。

ブロッコリーが木に見える…みたいな、自分もか考えていたこととシンクロするものもあれば、まったく思いつきもしないものを素材に使う場合もあって、すごく楽しかった。

 

朝の連続テレビ小説で一躍有名に… いい感じだ…

こういうのを見ると、また模型を再開したくなるのだけど、相変わらず、なかなか着手は難しいんだな…。

コメントを残す