5679 シャープマスク当選

新型コロナウイルス

先日、シャープからメールが届いた。

以前何度か購入を試みていたシャープ製マスクに当選したという。

これについて記事にしてたと思ったら、下書きのままになっていたことに、いまさら気づく。

4月27日の記事となる予定だったものを“引用”すると…。

先週販売を開始したシャープ製マスク。

うちもマスク不足が続いているので、販売サイトにアクセスしたが…。

アクセスが集中して、接続がほとんどできなかったうえに、なんとか会員登録ページの入力ができても、登録が完了しなかった。

結局、申し込み順から抽選方式に切り替えて、今日申し込みサイトがオープンしたので、早速アクセスしてみる。

しかし、やっぱりアクセス集中し、抽選の申し込みすらできないのだ。

何度か再読み込みしているうちに、サイトが開く。

入力する項目は、名前とメールアドレス、電話番号だけで、あっけなく申し込み完了。

苦労して申し込んだこともあって、もちろん買おう…と思ったが、申し込んだ時期と現在ではだいぶ状況が変わってきている。

あれだけ不足していたマスクはだいぶ市場に出回るようになってきたし、値段もだいぶ安くなってきている。

そこへきて、シャープ製マスクは、1箱(50枚入り)2,980円で、しかもこれは税抜き価格だ。

税抜き価格では買えないのだから、そんな表示をしても買う側にとっては何の意味もなく、実際の価格は、3,278円だ。

さらに送料として660円がかかるから、3,938円…つまり4,000円なのだ。枚あたり80円というのは、結構な高級品だ。

高くても品質を信頼して選んでいる人がほとんどだと思うのだけど、こういうありきたりの方法で値段を安く見せるのはちょっといただけない。

でも、品質も評価も高いし、せっかく当選したのだから…と、注文した。

月曜日に注文して、今日到着。

外箱を開けると、50枚入りの不織布マスクのパッケージが出てくる。

さらに箱の中は、25枚で1つの透明な袋に入れられた状態になっている。

ついにやって来たシャープマスク
ついにやって来たシャープマスク
25枚ごとに分かれて包装
25枚ごとに分かれて包装


まだ他のマスクがあるので、当面は開けられないが、いずれ使わせてもらうことになるだろう。

シャープ製品は、冷蔵庫、電子レンジに続いて、3つ目だが、まさかそれが不織布マスクだなんて…。

Posted by ろん