4125 西池袋近辺を歩く

街歩き

久しぶりに、駅からハイキングに参加。今回は、池袋駅の西側を歩く。

東京芸術劇場から出発出発は、東京芸術劇場。

今日は、ジャズのイベントをやってるようで、人出も多く賑やかだった。

池袋駅を背に、要町へと続く、通りを進む。

広い通りの左右には、いろいろなお店が並ぶ。

上下する箸が、何だか怖い。

上下に動く箸

気になるけど、なんか怖い

怖いと言えば、その向かいにあったお店の名前も…。

カレーは飲み物

にわかに理解は難しそうだ。

山手通りを渡って、住宅地のなかの細い道をゆく。
山手通りを過ぎて 住宅地の中を行く

ごく普通のコインパーキングっぽいけど…ごくふつうのコインパーキング。

でもこの看板をよく見ると…

なんだかいろいろ、マジックで書かれていた。

コインパーキングは2台のみ
いたずら書きかと思いきや どうやら迷惑してる人の悲痛な叫び

コインパーキングになっているのは、2台分だけだと主張している。

なるほど、間違えて、奥の月極駐車場に止めてしまう人が続出したのだろう。
怒り心頭なのだろう… もうちょっと、上手いやり方ないのかな?

「小鳥がさえずる公園」というところへやって来た。

ここで少し休めるかな?と思ったが、人間のためのスペースはほとんどなく、文字通り、小鳥がさえずるためにあるような公園だった。
小鳥がさえずる公園へ たしかにさえずっていたけど…

人間が休める公園は、ちょっと行ったところにちゃんとあった。

芝生を養生しているところが、なんだか牧場に見えたり、空を見上げると、もう真夏のようだったり。

養生中の芝生が牧場みたい 空はもう夏

ネコも空を見上げていた。僕も、ふと見上げると、ちょっと懐かしい街路灯があった。耐震化、LED化の波に押されて、消えてしまうんだろうな…と思う。
ネコも空を見上げていた ふと見上げると、懐かしい感じの街路灯

ひたすら住宅地の中を歩いていく。途中で、西武池袋線の踏切を越える。
遠くで通り過ぎる西武池袋線 東長崎駅、椎名町近辺は地平を走る

少し古めの建物が目に付く比較的古い建物を多く見掛ける。

特に、看板建築っぽい建物が多かった気がする。

商店街に出ると、「カイコの繭差し上げます」とあった。

そこには、「中のサナギは乾燥しております。蛾になって出てくる心配はありません」と書かれていて、そういう心配する人もいるのか…と思う一方、そういえば、サナギの死骸が入ってるんだよなぁ…とも思った。

これは何かと思いきや マユの中には…

かつてこの近くに、著名な漫画家が多数住んでいた、あの「トキワ荘」があった。近くの公園にはその記念碑が設置され、実際にトキワ荘があった場所にも、建物を模した碑が置かれていた。
トキワ荘の記念碑 実際建物があった場所にも記念碑

こういうのって、統合は難しいのだろうか?しばらく歩いていくと…。

バスの停留所に3本のサインがずらりと並んでいた。

仕方がないとはいえ、なんとかならないか?という気もする。

ふたたび西武池袋線の踏切を渡る。

この踏切前のアパート、多いときには、1時間に50~60本もの列車が行き交うわけで、慣れるとは思うけど、やっぱり、うるさいだろうなぁ…と思う。
踏切前のアパート さすがにうるさくないだろうか?

ふたたび池袋駅西口へ池袋駅西口に戻ってきた。

ジャズのイベントは盛り上がってきているようだったが、いかんせんお昼も食べてないまま、すでに13時を過ぎてたので、横目に見ながら、会場を通り過ぎた。

池袋にはしょっちゅう行くのに、今日は、いままで歩いたことのない場所ばかり歩いて、新鮮だった。

[map lat="35.723994″ lng="139.688180″]

Posted by ろん