三番搾り

ちょっとした投稿

東京タワー展望台の真下を見る

    [] 000 三番搾り

     一時期、はてなダイアリーが不安定…のようなこと書いたが、土曜日からつい先程まで、いろいろ調べた結果、結局、自分のPCやモデムの問題であることがわかった。はてなダイアリーを疑ってごめんなさい。
     反省の意味も込めて書いておくと、インターネットでページが表示できないというような状態が起き続けるようであれば、まずは、モデムの電源を入れ直してみることをおすすめします。それでも問題が解決しない場合は、契約しているプロバイダのFAQなどを見てみてください。すごい当たり前だ…と思っていたことでも、意外と知らないことも多いのです…
     ということで、すっかり最近の習慣となったブログ巡りやコメントの書き込み、龍的思考回路の更新をはじめ、やろうと思っていたことが、あまり進みませんでした。
     それでも、なんとか昨日、山手線田町駅から麻布、六本木、東京タワーを経て、浜松町駅まで行く「駅からハイキング」参加の様子を書いてみました。車や地下鉄なんかに乗っているとおそらく全然わからないと思いますが、都心はとても起伏が激しいのです。都心を歩くようになり、身をもって思い知らされました。地図だとなかなかわからず、近道だと思っていって診ると、そこがとても角度が急な上り坂だった…なんてこともありました。
     東京タワーなんて何年ぶりだろう。小さいころに親に連れて行ってもらったことがあります。そのときのレストランで流れていた曲をなぜだかしっかりと覚えているのですが、タイトルが思い出せませんでした。気になって調べてみたら、松田聖子「天使のキッス」という曲ということがわかり、発売が1983年4月とのことなので、実に22年ぶりに東京タワーに上ったことが、この曲によって判明しました。
     似たような事例として、初めて一人で父の実家である長崎に行ったときに、やたらと流れていた(ように記憶している)のは、高橋真梨子「桃色吐息」。これも発売時期を調べてみたら1984年とあったので21年前の出来事だったのですね。
     いまでも、東京タワー=「天使のキッス」(タイトルは知らなかったけど)、長崎=「桃色吐息」という紐付けが頭の中にできてます…。他にも思い出したけれど、話が長くなるので、また機会があれば…。

    Posted by ろん