5272 楽しめたのはわずか…

さくらで広島へ福岡での作業を終え、山陽新幹線で広島に向かった。

昼休みは、広島までの新幹線の車中…という感じで、博多駅で買った弁当を食べる。

積雪の予報が出ていた福岡地方は、場所による偏りがあるせいか、福岡市内中心部は、多少雪が舞う程度だったが、北九州付近を走る車窓からはうっすらと積もっているところもあった。

小倉で見えた製鉄所の高炉山陽新幹線はトンネル区間が多く、車窓が楽しみにくい。

ビルの隙間から、製鉄所の高炉が見えた。北九州らしい光景だ。

小倉を過ぎると、関門海峡をくぐる長いトンネルに入る。

ふと、こんな記事を見掛けたのを思い出した。

JR東海、JR西日本、JR九州の3社は、「\かごしまへ/どーーーんと新幹線くじ」を1月7日から3月31日午後9時まで開催している。
(中略)
対象区間は東海道新幹線の名古屋駅〜新大阪駅間、山陽新幹線、九州新幹線で、スマートフォンやタブレット端末のGPS機能を活用して「移動情報」と「位置情報」を測定し、新幹線の対象区間に乗車中であることを判定。時速200キロ以上に達している場合、くじを引くことができる。くじでは抽選で、鹿児島での旅行を楽しめる賞品をプレゼントする。

こういう企画というのは、往々にして後で気付くものだが、今回は珍しく、タイミングよく思い出すことができた。

早速試してみる。

あれ?

意外とチャンスがない…

トンネルのせいで、GPS信号が受信できず、なかなかくじが引けないのだ。

広島に到着そうこうしているうちに、仕事の依頼が入ってしまい、対応に追われているうちに、広島に着いてしまった。

楽しめたのはわずかだった…。

コメントを残す