4082 皇居で人の波に呑まれる

宮内庁ウェブサイトより昨年末、天皇陛下が80歳の傘寿を迎えたことを記念して、ふだんは通行できない皇居南東側の坂下門から北東側の乾(いぬい)門までの一般公開が、昨日から8日まで行われることになった。

初日の昨日は、平日にもかかわらず、あまりの混雑のため、15時まで公開予定が13時半に入場を打ち切ったという。

そんな状態だから、今日も混雑はしているだろうと思ったら、予想以上だった。

まず、地下鉄の出口から外に出ようとする時点で、ふだんではあり得ないほどの人が歩いていたし、皇居に向かう道を歩いているだけで、人の数はどんどん増えているようだった。

地下鉄の出口からしてすごい人

最初はある程度進んでいたが…

ちょっと困ったのは、どこが入口か分からなかったということだ。

最初は行けば分かると思ったのだけど、あまりの人の数で、どこが最後尾で、どこに並んだらいいのか全然分からなかった。
NHKの取材を受けるおじいさん 長蛇の列に歩みが止まる

道路の反対側からも!テレビの取材を受けている人は、この先の状況は知らないはず。

とりあえず、前の人に付いていって、行列に並ぶ。

わずかずつ前に進むが、その進み方は極めて遅い。

どうやら、道路の反対側にも行列ができつつあって、信号が変わるたびに、前方の行列に割り込むように流れてくるようだ。

だから、なかなかこちらの行列が前に進まないのだ。

気が遠くなりそう

当然ながら、皇居の入口は遙か彼方。

その遙か彼方にも、長い行列が霞んで見える。

ネットで調べてみたり、警備にあたる警察からの話から、どうやら3時間は並ぶことになるだろうということを聞き、ギブアップ。
遙か彼方にも行列が… ギブアップ!

昼頃には既に入場不可だった

ひとたび、こういう機会には、“僕のような”人たちが大挙して押し寄せるのだ。

多少の行列は覚悟はしていたが、完全に甘く見ていた。

その後のニュースでも、この模様は伝えられた。

4 thoughts on “4082 皇居で人の波に呑まれる

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください