論文捏造/村松 秀

論文捏造 (中公新書ラクレ)
村松 秀
中央公論新社
売り上げランキング: 33,701

 

さまざまな科学賞を総なめにし、いずれノーベル賞間違いなしとまで言われた発見が、すべて捏造だった…。

この本は、科学史上最大の捏造事件となった、ヘンドリック• シェーンの論文捏造事件を追ったドキュメンタリー番組を書籍化したもの。著者は、当番組のディレクターだ。

事件が起きた研究分野は、ある条件を満たすと、突然、電気抵抗がゼロになってしまうという「超伝導」だ。

ちなみに、本書でも触れられているが、工学• 電気電子系では「超電導」と表記するが、物理の分野では「超伝導」と書くらしい。今回は物理からのアプローチであるため、超伝導ということになる。

で、この「超伝導」が起きる大事な条件に、マイナス200度近い極低温でなければならないということがある。

この極低温を維持するのは大変なので、少しでも常温に近づけるよう、さまざまな方法で日夜研究が続けられていた。

そして、2000年2月、ベル研究所のドイツ人科学者によって、画期的な発表が世界を震撼させたのだ。

これが極めて独創的なアプローチで、同じ研究と続ける科学者たちは度肝を抜かされてしまう…のちに、これが捏造だとわかるわけだが…。

僕が、どうしても不思議だったのは、なぜ同じ実験(追試)をして再現させたり、確認したりしなかったんだろう?ということだった。

もちろん、実際に当時、世界中の科学者が追試に取り組んだ。

しかし(捏造なんだから当然だけど)、追試はどうしてもうまくいかない。世界中の科学者の誰一人として成功しないのだ。

でも…だからと言って、これが捏造であることの証明にはならない。

科学者たちは自分の実験方法を疑った。そして、どうしても実験がうまくいかないと、こう考えたのだ。

「そうだ!マジックマシンがあるに違いない!」

シェーンの使っている実験用の機械に、極めて特別なノウハウがあるから、自分には再現できないんだ…と考えてしまったのだ。

このような考えに至るには、伏線もあった。

世界的に著名な科学雑誌である「サイエンス」や「ネイチャー」。ここに自分の名前が一度でも載れば、一流の科学者と呼ばれるほどのステータスがあるのに、シェーンの論文は、実に計16本も掲載されたのだ。

さらに、共同研究者のリーダーとして名を連ねた科学者は、超伝導の分野では非常に名の知られた人物であった。

結局、1年半もの間、世界じゅうの科学者たちを振り回すことになる。

科学的に正しいことを再現することは、事実なのだからある意味で容易なはずである。

しかし、科学的に正しくない、そして意図を持って正しくない情報を発表している…、ということを証明していくのは、きわめて難儀な作業なのだ。

しかも、それを証明したところで、自分の研究にプラスになるようなこともないのだから、好き好んで、告発しようという動機も起きにくい。

また科学雑誌の「サイエンス」や「ネイチャー」への取材では、雑誌は、掲載される論文の正しさを担保しているわけではない…と言い切られてしまう。

さらに、捏造発覚後初めてインタビューに応じた、研究リーダーに対するインタビューでは、リーダーには研究内容のチェックし、不正などが起こっていないかなどを監視する役割はなく、あくまで、共同研究者の一人にすぎないと言い切る。

結局、すべて、責任や役割の曖昧さが、こうした不正、捏造につながっているのだ。

これって、科学の世界ばかりでなく、どんな世界でも共通することのように思える。

タイトルはちょっととっつきにくい感じの本だったが、とても興味深く、当事者に切り込んでいくさまは、ドラマを見ているようで、非常に面白かった。

その一方で、いまだに発覚していない捏造が、実はあちこちにあるのではないかと思えて、恐ろしくなった。

論文捏造/村松 秀」への2件のフィードバック

  1. ろんさん
    今度は東大の教授の論文捏造疑惑だそうです。
    物事の真理を探求するのが目的のはずが、別のものになっていると感じます。

    見えないウイルスに気づかなかった野口英世の時代とは訳が違います。

    寂しいことです。

  2. ≫ planar さん
    そうですね…こういった捏造は、ごくごく普通に行われてるんだろうなぁ…と思いながら、読んだんですが、まさかこんなに早く、同様の事件が発覚するとは思いませんでした。しかも、この本で指摘されていたことに、極めて酷似していたこともにも驚きました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください