3639 今日の月

月の表面には、黒っぽいところと白っぽいところがある。

この黒っぽいところは、“海”と呼ばれ、月の中でも比較的平らな場所になっている一方で、白いところは、月の中でも凹凸があり、起伏の激しい場所だ。

また、この海と呼ばれる場所は、ずっと地球を向いている面ばかりに集中し、地球からは見られない月の裏にはほとんど存在しないという。

今日、たまたま見たニュースでは、この月の海が、小惑星との衝突によって作られたということがデータで裏付けられたというものだった。

そんなニュースを見たあとに、雲ひとつない月がきれいに出ていたら、やっぱり見たくなるもの。

実はこれ、望遠鏡のレンズのせいで、本来の姿とちょっと違う。

撮影したレンズなどにも影響するが、実際はこっちの方が近い。

ニュースで、小惑星との衝突したという場所は…

ここらしいWeb魚拓によるキャッシュ)。

たしかに言われてみれば、衝突したとされる場所と海の部分は多い。

それにしても…と思う。

月なんて、地球から最も近い天体だし、これまで数多くの探査機が向かっていったし、人までも行った。

それでも、月の表面の大部分に痕跡がある衝突があったなんでことが、いまごろ裏付けられるなんて…宇宙っておもしろい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください