3466 春の嵐がやってきた

昨日からニュースで、午後から大荒れの天気になると伝えられていたので、持っていきたくなかった、電車に忘れてしまう恐れのある傘を持って出掛けた。

朝のうちは、いい天気だったが、やはり予報通り、昼前くらから雲行きが怪しくなり、風が強まってきた。

まるで台風のよう。

ちょうど昼食をとったところで、「会社から早めに退社するように」という指示が出た。

ちょっと大げさじゃないの?と一瞬思ったが、前回の台風のときも同様に思ったが、早めに帰ったことが正解だったということもあったから、指示に従うことにした。

新橋駅に行ってみると、やはり、鉄道への影響が少しずつ出始めていた。

新橋駅前のSL広場は、やはり今朝の穏やかさとは打って変わった様子。

足早に帰宅するために駅に向かう人の姿も見掛けたが、その流れに逆行する人たちとすれ違った。

マイクとカメラを持った人たちだった。

SL広場の前には、テレビ在京3局が集結していた。

たしかに、こんな日の新橋駅前は、格好の取材対象になるだろうなぁ…と思いつつ、特に支障もなく、無事に帰宅できた。

今日は、仕事を置いて、早く帰ってしまったから、明日はちょっと忙しくなるかもなぁ…

2 thoughts on “3466 春の嵐がやってきた

  1. 無事に帰宅されたようで安心しました。
    新橋駅からの中継映像…TVで観ました(笑)

    今回も「震災の教訓」なる言葉をちらほら耳にしましたが
    首都圏はこのところ自然災害の遭遇率が凄すぎるような。
    …実際にはマスコミがいたずらに騒ぎ過ぎているだけ、
    なのかもしれませんけど(苦笑)

  2. ≫ がんちゃん
    ありがとうございます。やはり新橋駅前からの中継映像があったんですね(笑)
    たしかに、これまで、会社で勤務を打ち切って帰宅を促されるようなことは、一度も無かったのに…。
    その原因はいったいどこにあるのでしょうね…。地球環境か、マスコミか、もしかして、自分たち自身か…?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください