3441 傘を忘れた

朝から、傘を忘れた。

電車から降りてすぐに気がついて、駅員に申し出た。駅員に、

「たったいま出発ばかりの電車に傘を忘れた」

と伝えると、

「どちら方面の電車でしたか?」

と聞いてきたので、

「日吉”方面”です」

と言った。

都営地下鉄三田線は、都心方向の行き先には、日吉駅、白金高輪駅の2カ所ある。

今日は、いつもだったら意識する電車の行き先を、チェックしていなかった。

駅員は、時刻表と照らし合わせて、日吉行きの電車と判断したようだった。

すると、駅員は、

「この時間だったら、車内の捜索ができないので、こちらの落とし物の窓口に聞いてください」

とパンフレットを渡された。さらに、

「この電車は、東急線に乗り入れていて、こちらからは連絡ができないので、場合によっては東急に聞いてもらえますか?」

と言う。

パンフレットには、都営線の連絡先と、東急も含む乗り入れ先各社の連絡先も載っていた。

日吉は東急目黒線なので、まぁ、確かに、それはわかるのだけど・・・。

いずれにしても、この場では、傘を取り戻すことはできなさそうなので、あきらめようと思ったが・・・

ふと気がついた。

朝の時間帯は、電車は数分程度は、ずれるから、時刻表だけでは行き先は判断できないはずだった。

であれば、いま乗ってきた電車は、東急線に乗り入れる前の、白金高輪止まりということもあり得る。

ふたたび、駅員のところに行って尋ねた。

「もしかすると、白金高輪駅行きだったかもしれないので、調べてもらえませんか?」

すると、

「白金高輪は、東京メトロの駅なので捜索はできないんですよ」

これまで何度も忘れ物をしてきた(!)ものの、必ず取り戻すことに成功している。

これは、一つの路線で完結していたからこそ、駅に依頼すれば、依頼した先でも確認してくれたわけで、今回のように、複数の鉄道にまたがっていてしまうと、解決は簡単ではないのだ。

あぁ・・・相互乗り入れの弊害。

電車から降りてすぐに気づいて、すぐに取り戻したかったら、駅員に言うのではなく、後から来た電車に乗って追いかけていくべきだったのだ。

今のところ、かさは見つかっていない・・・。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください