[社会の窓]アジサイと箱根登山鉄道

じめじめして、不快指数を押し上げる梅雨…。

この時期に咲くアジサイの存在は、梅雨の“イメージアップ”に大変な貢献をしていると思う。

僕は、アジサイの花を見るだけで、鬱々とした気分はずいぶんと和らぐ。

アジサイは、種類にもよるが、その大きさ、存在感は、よく見掛ける他の花を圧倒する。

また、アジサイと一口に言っても、形はさまざまだし、土の酸性度によって色が変わるという独特な特徴など、見どころも多い。

それに、春の季節を代表する桜のようにパッと咲いて、パッと散るわけではなく、かなり長い期間咲き続けるあたりも、慌ただしくなくていい感じだ。

昨日まで出掛けてきた箱根で、そんな好きな花のひとつ、アジサイと、好きな鉄道のひとつ、箱根登山鉄道がうまく写真に収まらないかな…と、試行錯誤の上、いちばん気に入ったのが、この写真だった。

もちろん不満も多いけど、箱根登山鉄道ならではのスイッチバックで、夕方の長く伸びた乗務員の影…そして、アジサイ…と、いろいろなメッセージが収まったところがよかった…と、自画自賛。

5 thoughts on “[社会の窓]アジサイと箱根登山鉄道

  1. 久しぶりに行ってみたくなりました。
    アジサイが涼しげですね。
    季節感を感じさせてもらいました。

  2. ≫ planar さん
    ありがとうございます。偶然の写真です…狙うとなかなか撮れなくて、狙わないと撮れたりすることってありますよね(笑)
    一瞬の風景を捉える楽しさと難しさを痛感しました。planarさんも是非!

  3. ≫ 固形石鹸さん
    梅雨の時期の箱根は初めてでしたが、、この時期の箱根もいいですね。
    久しぶりに出掛けたせいか、かなりくたびれてしまいましたが…(笑)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください