3783 本当にバカの壁だったのだろうか?

3月16日には東急東横線と副都心線の相互直通運転開始のほかに、九段下駅で、ちょっとした変化があった。

それは、東京メトロ半蔵門線と都営新宿線の九段下駅にあった、ホームの仕切(壁)が撤去されたのだ。

いままでは乗り換えのためにいったん階段を上がり、一方の改札を出て、もう一方の改札に入り、ふたたび階段を下りて乗り換えなければならなかったことが、“条件によっては”、同じホームで乗り換えができるようになる。

どう変わったのか、見に行ってみた。

滅多に利用しないせいか、それともすごく自然な感じに仕上がっていたせいか、ホームに降りた瞬間には、以前の様子をすぐに思い出せなかった。

よく見れば、細かなところで、壁の痕跡を見ることができた。

ホームが広くなったことで、すごく広々としていたし、それぞれの路線カラーに合わせたベンチなども良いアクセントになっていた。

しかし…である。

これって、どれくらいの人が便利になるんだろう?と気になった。

というのも、両線はそれぞれで独立して運行されているため、乗り換えができるのは、ホーム一面しかないのだ。

つまり、こんな感じだ。この話をしたくて、下記のような図を作ってしまった。

A 半蔵門線渋谷方面からやってきた人が、新宿線新宿方面に向かう場合
B 新宿線岩本町方面からやってきた人が、半蔵門線渋谷方面に向かう場合

このいずれかしかない。

しかも、Aの場合は、半蔵門線から、手前の永田町で有楽町線に乗り換えれば、別途初乗り料金を取られることなく、市ヶ谷に行ける。

Bに至っては、新宿線から半蔵門線に乗り換えるにしても、わざわざ九段下まで来なくても、手前の神保町には両線に駅があるし、さらにその小川町では、同一駅の淡路町から、丸ノ内線に乗れば、大手町に行くことができる。

つまり、直接の恩恵を受ける乗り換え客が、極めて限られているのではないかということだ。

この壁撤去は、当時の猪瀬直樹副知事が提唱し、不便さの象徴として、この壁を“バカの壁”と称したというが、壁撤去を伝えるニュースキャッシュには…

この壁はメトロと都営の経営統合を唱える猪瀬直樹都知事が、不便さの象徴だとして「バカの壁」と名付けていた。撤去されたのはホーム全長210メートルのうち約90メートル分で、改札階の改装も含めた費用は約12億円。1年3カ月前から工事を始めていた。1日の乗り換え客はメトロと都営を合わせた利用者計約22万人のうち2000人程度という。

九段下駅利用者約22万人のうち、乗り換え客は…たったの2000人しかいない。さらに、上記のように、直接の恩恵を受ける乗り換え客は、もっと少ないはずだ。

他の利用者も、ホームが広くなったことで、安全面での意味はあるとはいうものの、12億円の費用を掛けることが、果たして本当に適切な投資と言えるだろうか?と疑問を覚える。

そもそも、東京メトロと都営地下鉄は、別法人による経営なのだから、改札が分かれ、壁や仕切があるのは、仕方のないのではないか?

それだけに、“バカの壁”というのは、ちょっとあんまりじゃないかと思ってしまうのだ。

問題はそこではなく、問題から派生した結果が、“壁”だったにすぎない。

問題を解消せずに、派生した結果を対処療法で対応しても、限界がある。

やはり経営統合なり運賃一本化がゴールであって、どうせお金を掛けるのなら、そちらの進捗に掛けて欲しい。

もしかすると、実は、これは世論を盛り上げるための、巧妙な作戦のひとつかもしれないけど。

3783 本当にバカの壁だったのだろうか?” への6件のコメント

  1. お久しぶりです。

    以前僕と似ているとおっしゃっていたことの意味が分かったような気がします(笑)
    「バカの壁」についてはニュースでも少しだけ報道されていたのを記憶しています。それにしても2000人のために12億とは・・・確かに同じお金なら、以前から叫ばれている経営統合の方に回したほうが有意義であるように感じてしまいますよね。
    やはりこうしてメディアに取り上げられることが目的なんでしょうか・・・。

  2. ≫ ゆうさん
    ご無沙汰していました。
    そして、ちょうどいいときに見てもらった…って気がします(笑)
    そうですね…今回は、まさに、ゆうさんと“似てる”ところがよく表れた記事でした。
    金額と直接目に見える効果だけを考えると、あまりにも費用対効果がなさ過ぎるようにしか思えません。
    ちゃんとゴールに向かってのことならばいいのですが…早く、何らかの統合を実現して欲しいですね。

  3. どうなんでしょう。
    一日2000人の客が、時間を3分短縮出来ると考えて、時給1000円で計算したとしても、1日10万円分の労働力が節約出来るということを意味します。一年で3650万円、12億円の損失なんて4年も経たないうちにペイできる計算です。
    一日2000人の乗り換え客も、今はそうですが今後増える可能性も充分あります。
    まぁ、東京メトロや営団に金が入るというわけじゃありませんけど、逆に年間それだけ余計な社会的負担を利用者に強いていた、ということには変わりません。
    そもそも東京メトロと営団が分かれているの社会的負担に比べれば、取るに足らないことでしょうけど。

  4. » すんたろ さん
    コメントありがとうございます。確かにおっしゃる通りだと思いました。乗降客が極めて多い都心の地下鉄では、たとえ、恩恵を受ける人が限られるとしても、メリットは大きくなってきますね。
    そうなると、よけい、地下鉄事業者が分かれている現場の社会的負担は、もっと深刻に捉えるべき…と、思えてきますね。

  5. コメントありがとうございます。
    ここ最近の知事を見ていると、たしかに猪瀬さんは素晴らしかったように思います。
    それだけに辞職が悔やまれます。

コメントを残す