ニセ科学を10倍楽しむ本/山本 弘

ニセ科学を10倍楽しむ本
山本 弘

楽工社

 

あきらかに科学的に証明されていないことでも、まことしやかに信じられている“ニセ科学”。

こういう状況に警鐘を鳴らす人もいるが、まだまだ騙されている人は多いだろう。

  • 水は字が読める?
  • ゲームをやりすぎると「ゲーム脳」になる?
  • 有害食品、買ってはいけない?
  • 血液型で性格が分かる?
  • 動物や雲が地震を予知する?
  • 2012年、地球は滅亡する?
  • アポロは月に行っていない?

本書では、これらのほかにも収まりきれないニセ科学の数々を紹介。(もちろん、ここで挙げたのは、全部ウソだ)

僕にとっては、どれもニセ科学だと思えるものばかりだけど、これらを事実と信じ切っている人も少なくない。

個人が、それを他人に強要したり迷惑を掛けるようなことになってはいけないが、どう信じても構わないと思う。

これって、まさに宗教と同じなわけで、いくら「ニセ科学はおかしい!」と叫んだところで、一定の人たちは、“ニセ科学教”に入信してしまうのだ。

なかには、いわゆる“洗脳”状態の人もいるから、そういう人を救えるのが、この本かもしれない。

本書の最後に、「ニセ科学にひっかからないための10箇条」というのが載っていたが…

  • 話の出どころを確認する
  • 誰が言っているのかを調べる
  • キーワードに注目する
  • 反論に目を通す
  • 数字に注目する
  • 理屈で考える
  • 実験をやってみる
  • 自分の目を疑う
  • 願望と事実を区別する
  • 正しい科学知識を身につける

その通りではあるのだけど、ちょっと多すぎるような気がした。
ここで挙げられたことができないから、正しい判断ができず、結果的にひっかかるわけで、もうちょっと数を絞るか、具体的な例を挙げてもらうとよかったと思う。

ニセ科学を10倍楽しむ本/山本 弘」への2件のフィードバック

  1. ロンさん

    山本弘氏はけっこう前からこの手の本を出していますが
    抱腹絶倒して読んだ記憶があります。
    でも片や、そんな爆笑ネタを真剣に信じ込んでる人々が
    いるってのも不思議なもんです。

    「矢追純一のUFO特集」とか「川口浩探検隊シリーズ」などが
    テレビで放映できてた時代って
    やっぱり平和だったんですかねえ?

  2. ≫ ぶり さん
    そうですね、信じている人は少なくないでしょうね。さらに進行すると、思い込みを超えて、信念に近い域に達してしまい、もはや理屈では太刀打ちできないんじゃないかと思うこともあります。
    「矢追純一のUFO特集」とか「川口浩探検隊シリーズ」…なつかしいですね! インチキだと思いながらも、どこか本当にありそうな…そんな微妙さが受け入れられた、懐の深い時代だったんでしょうね。
    ちなみに、UFO特集の宇宙人はいまでも僕のトラウマです(笑)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください