5690 静岡鉄道に乗る

静岡駅は、3度目の出張だが、東京から1時間から1時間半で行けてしまう距離もあって、日帰りの慌ただしい行程となってしまう。

今回は23時までの作業立会いというミッションがあったことから、初めて泊まりがけとなった。

昨夜はホテルに着いた時間は遅かったが、比較的目覚めが良かったので、出社前にちょっと出掛けてみることにした。

向かった先は新静岡駅。

新静岡と新清水を結ぶ静岡鉄道に乗るためだ。

JR東海道線に並行して走る私鉄で、短い区間ながら、高頻度運転と朝の通勤時間には急行運転もしているということで、一度、どんな感じか見てみたかったのだ。

駅ビルのなかにある新静岡駅 たくさんの乗客が待つ


2両というかなり短い編成ではあるが、新静岡駅で待つ人は多い。

短い間隔で列車がやってくる。

乗ろうとした急行は、ちびまる子ラッピング車両だった。

新型車両A3000形到着 ちびまる子ラッピング車両

発車を待つ

ホームで待っていた客が全員乗り込むと空席が埋まった。

その間、車掌と運転士が交代して、出発の準備を整えている。

落ち着く間もなく、新静岡7時33発急行新清水行は出発。


新静岡を出ると、カーブが多くあまりスピードは出せないようだったが、かなりの駅を通過する。

通過する駅で待っている客も多い。

東海道線と並走する区間では、東海道線の普通列車が軽々と追い抜いていく。

けっこう通過する東海道線に抜かれる

7時49分新清水に到着。20分足らずだ。

新静岡ほどではなかったが、多くの人たちが、改札機を通り抜けていった。

新清水駅に到着 新清水駅の改札口

駅は必要最低限の設備しかないという感じで、駅前は広場もなく、いきなり幹線道路になっている。


新清水駅駅前は何もない…

ふたたび、新清水駅へ。

さっき乗ってきた、ちびまる子ラッピング車両が、新静岡に向けて出発するところだった。

ちびまる子ラッピング車両を見送るちびまる子ラッピング車両

構内踏切

 

新清水駅の新静岡駅寄りには、構内踏切がある。

新型車両A3000形

 

新型車両A3000形を間近に見る。

たった2両で小さく見えた電車も、構内踏切から見上げると、なんだかとても大きく見える。

これに乗って、ふたたび新静岡に向かう。


新型車両から見る前方風景はとても見やすい。運転もしやすいだろう。

帰りは、行きの「急行」と異なる停車駅の「通勤急行」。停車する駅の数はそれほど変わらないが、停車駅がけっこう異なるところが興味深い。

あっという間に、静岡駅に到着。行くときと同じ組み合わせで、ちびまる子ラッピング車両と並ぶ。


静岡鉄道1000形 ふたたびちびまる子ラッピング車両と出会う

往復1時間足らずだったが、楽しく過ごすことができた。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください