5591 皇室と鉄道展

天皇陛下は、今年2019年1月7日で在位30年を迎え、さらに4月30日に退位される。

関連イベントが多数開催されるだろうが、東京駅にある東京ステーションギャラリーで開催された「天皇陛下御在位30年記念『皇室と鉄道展 』」もそのひとつだろう。

この企画は、完全予約制で、事前に申し込みができた人だけが入場できる。

天皇陛下御在位30年記念「皇室と鉄道展 」

珍しく、事前にこの情報を知っていたので、あらかじめ予約をしておいた。

予約できた時間が15時30分~16時30分がだったので、それに合わせて入場。

予約したメールを係員に見せる。

ふだんの東京ステーションギャラリーと比べて、係員の数が異常に多い。

係員は若い人たちが多いが、どこか物々しい。

展示は、天皇陛下や皇族が鉄道を利用されたときの写真パネルや映像が中心で、鉄道に関する展示はけっして多くはない。

それでも、天皇陛下が全国を駆け巡り、それを鉄道が支えていたということがよくわかるし、これまであまり意識して見て来なかった写真も多く、とても見ごたえがあり、おもしろかった。

それにしても、1週間にも満たない開催期間は短すぎる。もうちょっとやっていたらいいのに…。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください