5491 ”はこ”を病院へ連れていく

ハムスターの”はこ“が、昨日の夜から突然、動きが悪くなってしまった。

しかも身体が冷えているし、呼吸がおかしい感じがする。普段と違う。

朝まで元気で、何の前触れもなかったのに…どうしたのだろう?

急にこういうことが起きてしまうのは、ハムスターの特徴のひとつかもしれない。

ふだんと明らかに違うという状況は、何かあったに違いなく、朝、病院へ連れて行った。

できることなら、ストレスを与えないよう、いつものケージに入れたまま病院に連れて行くべきなのだけど、衣装ケースは大きく、このためにタクシーを使うのも、ちょっと気が引ける。

ということで、移動用のケースに移し替えて、電車で向かった。

昨日の夜こそ、動きが悪かったが、移動中や病院に着いた頃には、なんだか元気になってきた感じだった。

それでも、やはり呼吸がおかしい。

診断の結果…心肥大にともなう肺水腫。

強心剤や利尿剤などを処方してもらった。

もはや人間と同じだ。

初めての外出は通院 病院の中では元気

病気というのは心配になるが、原因がはっきりしたという点に限って言えば、決して悪いことではない。

いま1歳と8か月…人間でいうと60歳くらいなのだそうだ。

はこには、まだまだ、元気でいてほしい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください