5312 博多ポートタワー

路線バスでの移動中、車窓から、何やらタワーが見えた。

バスで移動 これは?

けっこう不気味・・・このタワーが、東京タワーや名古屋テレビ塔などと同じ、内藤多仲の設計だということをすっかり失念していた。

調べてみると、21時40分まで入場できるということで、仕事を終え、夕食後、急いで見に行った。

近くによると、一般的なライトアップと違って、塔頂部分だけ照らされている状態で、ちょっと不気味な感じだった。

博多ポートタワー

なんと入場無料。入口付近には、お客さんは誰もいないし、館内は静まり返っている。

入口 なんと入場無料

2機のエレベーター

 

エレベーターは2機。

エレベーターも自分でボタンを押す感じだし、特に案内してくれる人もいない。

高さ100mのタワーで、展望台は70mの高さにある。

お客さんは少ないが、昨日上った福岡タワーと同じように、韓国人だらけだ。

展望台へ 無骨な感じがいい

外に向かって照らしている赤いライトが、薄暗い展望室内に漏れている。

展望室内は全体的に赤色灯の赤っぽい非常階段への扉が開きっぱなし

福岡タワーでは海側は、真っ暗であまり面白みがなかったが、博多港の真ん中にある博多ポートタワーは、見どころが多い。

博多港が一望できる 都心に近いぶん見ごたえがあるかな

日中見た客船がまだ停泊していた。

あとで調べてみたら、COSTA SERENA(コスタ・セレーナ)という船だった。

豪華客船も・・・

 先述の通り、東京タワーをはじめ、さっぽろテレビ塔、名古屋テレビ塔、大阪通天閣、そして、この博多ポートタワー、あと行ったことのない、別府タワーをあわせて、タワー6兄弟と呼ばれているらしい。

塔6兄弟の末っ子 東京タワーを思い出す

無骨な感じは、東京タワーを思わせる。

ここまで来たら、行ったことのない別府タワーに上ってみたくなる。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください