4334 南伊豆の花を巡って…爪木崎水仙まつり

伊豆急下田駅からバスに乗って…

下田の爪木崎というところで、いま、300万本の水仙が9分咲きの見頃を迎えているということで見に行ってみることにした。

伊豆急下田駅からバスで15分程度。

ふだんはあまり本数のない路線バスだが、この時期には臨時便が増発される。

出発まで多少時間があったので、バスに乗って待っていたら、あれよあれよといううちに乗り切れないほどの乗客でいっぱいになってしまった。

爪木崎に到着

超満員でバスは発車。

途中で降りて散策がてら爪木崎に行こうと思っていたのだけど、とても降りられるような状態ではなかったので、そのまま爪木崎へ。

 

今日は平日ということで、特別なイベントもなく、入園料等もないので、やってきた人たちは、思い思いに付近を歩き回っている…といった感じだった。

どのあたりがさわやかか… ゴミ箱…

やたら目立つアロエ現地に到着して、すぐ気になったのは、水仙ではなく、アロエの存在だった。

特徴ある赤いアロエの花は、水仙の存在感を圧倒していた。

アロエ祭りかって感じ。

 

どこをどう見ても、アロエが目に入ってしまうけど、場所によっては、一面が、水仙ところもあった。
一面に広がる水仙

水仙まつり会場 見渡す限りの水仙…とはいかないけど… 妙に目立つのは、アロエ 目立つアロエ…

Image0012灯台に向かう遊歩道の脇に、海を眺める展望台があった。

「プレーリードッグ」と案内看板に書かれてたので、見てみると…

たしかに、それらしき岩が見えた。また天然記念物の柱状節理もよくわかった。

Image0011 柱状節理

灯台の方まで足を伸ばす。十数メートルの風がしょっちゅう吹いていた。
爪木崎灯台を望む 風速14m

エメラルドブルーの海須崎の御用邸方面を眺める。

エメラルドグリーン?エメラルドブルーの海の色が、とても美しかった。

今日は12度と、比較的気温が高いが、まだまだ冬。

でも、この色を見ると、どこか夏のイメージを感じてしまう。

ふたたび、水仙の群生地へ。
風が吹くと水仙の香りに包まれる水仙とアロエ

水仙をよく見れば…これまで、離れたところからしか見ていなかった水仙の花。

近づいてをよく見た…

とても愛らしいけど…ちょっと不思議な形をしている。

 

帰りのバスも混雑…

なんとか全員乗ったけど、帰りのバスも大混雑…。

往復は大変だったけど、ちょっと珍しい風景に出会えたのは、よかった。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください