[社会の窓]地球の影に思いを馳せる

今日は3年ぶりの皆既月食が見られるということで、ずっと天気が気になっていた。

天気予報は晴れ…なのに、空を見上げると雲ばかり…

雲の隙間から太陽の光が漏れている感じではあるが、これだけ雲が多いと月食を見ることはできないだろう…。

昼食でに出たときには、忌々しく雲を眺めた。

そして、日が暮れ、ふと会社のエレベーターホールから外を眺めたら…見事な満月が、ぽっかりと浮かび上がっていた。

これはチャンス…と、今日は早めに帰宅。すぐに望遠鏡を用意して、月を眺めてみる。

すでに月食は始まっていた。

あり得ない方向に月が欠けていくさまは、とても面白い。

近所の人たちにも望遠鏡を見てもらったが、いまいちインパクトが薄いのか、みんな早々に引き上げていってしまった。

なかなか見た感じ通りに写真に写らないのは残念(写真の写し方に問題があるのはわかっている)。

月の欠けた部分は地球の影地球に照らされた部分も見える

はっきりわかるのは、欠けた部分が地球の影であるということ。

ふだん、地球の丸さを実感する機会はないし、あの影の縁に自分たちが住んでいるのだと思うと、ちょっと不思議な感じがする。

そして完全に月が地球の影に隠れると、月はより赤みを増す。皆既月食

最後は雲に隠れてしまった見慣れない月をもっと見ていたかったが、急に雲が出てきてしまい、怪しい色をした月は雲にたびたび隠されてしまうようになった。

ここ最近は、天文関係のイベント?があまりない上に、あの不運もまだ記憶に新しいので、少しでも、皆既月食を楽しむことができてよかった。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください