3969 アイソン彗星に教えられた気分

太陽に近づきつつあるアイソン彗星。

今世紀もっとも明るく輝く彗星になる…なんて呼び声もあったが、どうやらそれほど明るくならないようだ。

それでも太陽にこれほど接近する彗星は珍しく、それなりに見応えのある彗星になりそうではある。

…ということで、今朝未明、望遠鏡で観察しに外へ出た。

いつもの場所へ行ってみると、かねてから建設中だったマンションが堂々完成し、しっかり視野を遮っていた。

「もしかして見られるかも」…という淡い期待を打ち砕いた。

…ということより、前日までに確認しておけば良かったと、毎度の激しい後悔。

一昨日と昨日の不発弾処理現場もそうだけど、気になっていたのなら、最初から地図で、場所を確認していたら、昨日の早朝に家を出ることなんてしないで済んだはずなのに。

マンションの裏からようやく、アイソン彗星が見えてきそう…というあたりで、太陽の輝きが一層増して、星たちは次々と姿を消していった。

「お前は、はいつも詰めが甘い」

準備をしていない者には、姿を現さない…と、アイソン彗星が身体を張って教えてくれたような気がした。

また近々、チャンスを狙うことにしよう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください