思わず話したくなる ロゴの秘密/高橋書店

思わず話したくなる ロゴの秘密
高橋書店
売り上げランキング: 90,544

 

ロゴマークのデザインを見るのはとても楽しい。

だから、こういう本を見ると、つい手に取ってしまう。

1980年代、バブル経済の影響もあって“CIブーム”が起こる。

その後、不況の影響もあり、しばらく沈静化していたが、近年、企業合併や、それに伴う持株会社を設けるなどする際、ふたたびさまざまなロゴが生まれている。

さまざまな各業界を代表する企業のうち、90のロゴを紹介している。

本書のキャッチコピーに「思わず話したくなる」とあったが、まさにそう思ったのが、JCBのロゴ。

お馴染みのあのロゴの色の由来が書かれていたのだ。

ジャパンクレジットビューロー=JCB設立の母体となった会社のコーポレートカラーだという。

で、調べてみた。

青=東洋信託銀行(現:三菱UFJ信託銀行)、赤=日本信販(現:三菱UFJニコス)、緑=三和銀行(現:三菱東京UFJ銀行)ということで、当時のロゴを探してみる。

すでに会社が合併を繰り返し、当時のロゴはなかなか見つからない。仕方なく、一部は、切り貼りして作ってみた。

たしかに色の系統は同じだ。

でも、最新のJCBのロゴと、色合いは微妙に異なる。

そういえば、僕がよく知ってるJCBのロゴは、こんな感じだ。

いつの間にやら変わってた感じだけど、調べてみれば、2008年4月から順次変わっているそうだ。

本書には、さまざまなロゴの変遷も載っているのだけど、JCB同様、ほんのちょっと前のロゴの印象が強かったり、やたら懐かしかったりするのがかなり多かった。

わかりやすい例を挙げると…明治製菓と明治乳業と経営統合した際、歴史あるロゴもあらためられたが、いまだにイメージは、旧ロゴのほうだ。

実際、新しいロゴに変わったことに対する評判はいまいちだった。

今日は出掛ける予定が、急遽なくなったので、ちょっと前のロゴばかり集めてみたり、作ってみたりした、のちほど記事を分けて紹介したいと思う。

なんだか、本の紹介というより、JCBと明治のロゴ紹介みたいになってしまった…。

思わず話したくなる ロゴの秘密/高橋書店” への5件のコメント

  1. ≫ マスダっち1971さん
    (井)の旧マークのほうが、ある意味、〇I〇Iより、わかりやすい気がしますね(笑)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください