フォントのふしぎ/小林 章

フォントのふしぎ  ブランドのロゴはなぜ高そうに見えるのか?
小林章
美術出版社
売り上げランキング: 34,080

先日、フォントに興味を持ったという記事を書いたが、この本を図書館で手にしたのが、きっかけだった。

著者は、日本人でありながら、デザインコンテストで数多くの賞を獲得した欧文フォントのデザイナーだ。

せいぜい、和文フォントの一部の名前しか知らず、ましてや、欧文フォントなんて、まったくわからなかったので、おもしろく読めるかな…と、最初に読み始めるとき、ちょっと気になった。

しかし、この本を読み進めていくうちに、ある種の食わず嫌いをしていたということに、気がつかされた。

大ベストセラーフォントの、Helveticaをはじめ、Futura(フーツラ)、Times Roman(タイムズ・ローマン)などなど、フォントとフォント名と、実際に使われているシーンが紐付くと、がぜん、フォントがおもしろく見えてくる。

本書では、前半で、実際に使われている例を挙げてフォントを紹介、後半はフォントにまつわるさまざまな蘊蓄を紹介している。

ボールドとかイタリックとか、いわれてみれば、無意識にフォント用語を使っている。そういった基本的な話もあって、とても取っつきやすかった。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください