ONE PIECE 1/尾田 栄一郎

ONE PIECE 1 (ジャンプ・コミックス)
尾田 栄一郎

集英社

都内にある温泉施設のリラクゼーションルームに置いてあったので、とりあえず、1巻だけ読んでみた。

実は、久しぶりのコミックで、読み方を忘れてしまったのか、最初のうちは絵の内容がすぐには理解できず、ちょっと戸惑ってしまった。

本書は、あらためて言うまでもなく、芸能人をはじめ、多くの読者を魅了してやまない大ベストセラーコミックだ。

冒険や友情といった誰もがあこがれる要素が、この話の受けている大きな理由だと聞いたことがあるが、たしかにそれを感じるところはあった。たった1巻目しか読んでいないけど。

海賊王を目指す主人公ルフィ、海軍将校?になりたいというコビー、「世界一の剣豪になりたいゾロ…。

一番大事なのは、○○をしたいとか、○○になりたいという、とてつもなく強い思いとか、意志なのだろう。

そういう思いが持てるかどうかで、その人の人生が決まると言っても過言ではないだろう。

そして、その思いを実現するための裏付けも大事だ。

主人公が活躍する裏付けとしての強さは、僕はてっきり、努力や経験によって習得したものだとばっかり思っていた。

しかし、実際は、“ゴムゴムの実”というものを食べたことによる“超能力”に過ぎないということがわかって、ちょっとがっかりしてしまった。

ピストルの弾を跳ね返してしまうのだったら、そりゃ怖いものなしだろう。

たとえ、ゴムゴムの実による副作用で、泳げなくなったとしても、いくらでも自信は持てる。

確かにおもしろいのだけど、読み慣れてないせいか、先入観があったせいか、まだ物語に馴染めない気がする。

先述のように1巻だけしか読んでないので、これだけで判断するのは早計だし、もうちょっと読んでみたいと思った。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください