5791 トロッコ問題

この問題は大人でも難しい。

トロッコが進む線路の先が二手に分かれている。このまま進むと、横たわる5人を轢かれてしまう。レバーを引くと、トロッコはもう一方に向かうが、その先には横たわる1人を轢いてしまう。
トロッコにブレーキはついていない。あなたはレバーを引きますか、そのままにするか?
つまり「何もせずに5人が死ぬ」か「自分でレバーを引いて1人が死ぬ」のどちらを選ぶか?…という問題だ。

けっこう昔からある問題で、誰もが一度くらいは聞いたことがあるだろう。

これが、山口県岩国市の小学校の授業で出されたことで話題になっているという。

児童の保護者が「授業で不安を感じている」と小学校と市の教育委員会に説明を求めたという。

不安…って何だろう?

たしかに答えがないことだし、答えを出すこと自体不安だ。

そもそも、この問題は、そうした不安をどう考えるか?を問う思考実験であり、こういった問題は、常につきまとうし、避けては通れないのが人生だ。

このニュースに対する意見の多くは、こうした授業は大切で、親が繊細すぎるのでは…というものだったが、逆に否定的な考えも聞いてみたい。

自分が気づかない問題が隠されているかもしれない。

何となくではあるが、この保護者の言いたいこともわかるが、逆にネット上での主な主張を聞かせた場合、どう思うのかも合わせて聞いてみたい。

6 thoughts on clomid without prescription5791 トロッコ問題

  1. ロンさん
    3.11の時だったか?ヘリで吊り上げて救助する順番で人とペットの犬のどちらが優先か?みたいな議論があった記憶が。
    動物愛護?派はペットは家族だ!といい
    航空機マニア?的な人はクルー擁護に・・・
    この手の話題、外野のいろいろに
    モヤモヤすることが最近頻繁にあるなぁ、と

  2. ≫ぶり さん
    ここはまさに価値観の相違そのものですもんね。そういった意味では、絶対に結論の出ない議論ではあります。
    それだけに、こうした議論は必要なんじゃないかと思います。こういった考えが存在するということを認識するだけでも、対応が全然違ってくると思うのですよね。
    ちょっと前であれば、こうした議論も普通に許容されていたものが、最近はいちいち”話題”になってしまう気がするのです。この値のもやもやが、まさにぶりさんの感じるものに通じるんじゃないかと思うのですが、どうでしょうね…。

  3. ロンさん
    私が目にした人の主張は間違ってはいないのですが
    なんだか「命」の存在を意識してないような雰囲気でした。まるで擁護してる運営組織を守ること、ひいては自分が相手を論破することが優先っぽいというか。
    正義の人をやるのって大変そうです。

  4. この問題の最大の問題点は選択肢が2つしか提示されていないことだと思います。更に言うなら「第3の選択肢」を模索するという考え方はできないのか?と。
    授業の詳細が分からないのでなんとも言えませんが、もしかしたらそういう方向性に導きたかったのかもしれないと思いました。
    最近はなにかと過剰反応する方が多すぎて、積極的に視野を狭めているようにしか思えません。。。

  5. ≫ ぶりさん
    ある程度分別のつく年齢であれば、思考練習として考えるのもありでしょうが、小さな子どもにそれを求めるのは、厳しい面もあるかもしれまsん。ただ、この問題に別の思惑が込められてしまうと、そもそもの争点が変わってしまって、ちょっとややこしくなってしまいますね…。

  6. ≫ がんちゃん
    そうですね。分別のつく年齢になれば思考練習として「第3の選択肢」という選択肢だって考えられるでしょうね。なぜ2つではダメなのかということを考えることだって、また、ふだん経験しない極限状態にいると仮定したときでしか導き出せない判断を考えてみるということも、いい勉強になると思うのですけどね…。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください