5729 スマートニュースで気になること

先日、ニュースアプリを見すぎる…という話題を挙げたばかりだが、特によく見ている“スマートニュース”は、よく見ているだけあって、いろいろ気になることが出てきてしまう。

おとといのニュース以前からおかしいと思ってるのは、ニュースなのにもかかわらず、記事に日付が一切入っていないということだ。

常に更新されることで最新のニュースしか出てこないのならともかく、やたらと古い記事が載り続けることも少なくない。

「宮迫さんと田村亮さんが午後会見『自ら説明を』」という記事が、今朝のニュースに載り続けているのは、どういうことだろう。

あれ?と思って、その記事を見ると「やっぱり古い記事だ」とわかるが、そうすることで意図的にアプリの滞留時間を増やしているのではないかと勘繰りたくなる。

そういったこともあるから、メンテナンスが行き届かないのであれば、せめて配信日や掲載日を載せてくれたら、多少でも判断がつくのに…。

さらに、これは最近のことだが、広告で変化があった。

これまでは、広告の場合「[広告]提供会社名」とわかるようになっていたが、最近のアップデートによって「Sponsored by 提供会社名」とパッと見た目ではわかりにくくなった。

これまでは「広告」ってはっきりしてたのに… あえて横文字にしてるんじゃ…

アプリの性格上、記事に広告を混ぜてくるのは仕方ないと思うが、それらを区別しにくくして、これで記事と間違って広告のリンクをタップする人を増やすための施策としか思えない。

短期的には広告収入を上げることはできるかもしれないが、誤ってタップしてしまったときのイメージはかなり良くない。

そうした悪いイメージが蓄積することは、スマートニュースにとっては、マイナスでしかないと思うのだけど…。

こうした不満が出てきていることを考えたら、スマートニュースばかりでなく、他のニュースアプリも考えたほうがいいのかもしれない。

当たった……と言いつつ、昨日まで、スマートニュースがやっていた、マックシェイクが当たるというキャンペーンの最終日に、見事当選してしまった。

たったこれだけのことで、スマートニュースとの距離感を思いあぐねている。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください