5710 化粧品メーカーを検索してたら…

先日、化粧品メーカーを検索しているうちに、いろいろな名前が出てきて懐かしかった。

化粧品メーカーは、かつては、よくテレビCMをやっていたから、ブランド名がとても身近だったのだ。

ノエビア、メナード、フルベールのほかにも、オッペン、イオナとか…。

そうそう、カネボウも忘れちゃダメだ。

カネボウといえば…。

「Kanebo for drugs vardenafil usa beautiful human life」

キャッチコピーだって、覚えていたものだ。

コピーといえば、イオナは、あの独特の横顔に「わたしは美しい」とけっこう刺激的な表現だったのを思い出す。

化粧品では、ロレアルのように「わたしにはその価値があるから」と言い切る例もあるから、意外と普通のことなのかもしれない。

しかし、もうずいぶん前に、「わたし」ではなく「あなたにはその価値があるから」と変わってしまった。

それを調べてみようと検索したら、自分の記事が出てきて困った。

イオナと言えば…さらに、イオナまでも変わっていてびっくり。

「わたし」は変わらないが、「わたしの未来は美しい」となっていたのだ。

そうだ、今美しいのなら化粧品はいらないのだから、この現在のコピーの方が、とても響く気がしてくる。

ちなみに、イオナといえば、おなじみの横顔だけど、もう使われていないみたいだ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください