5526 響き合う創造展

旅行・見学・イベント, 芸術・デザイン

上野の東京都美術館へ。

メインの展示は、ムンク展で、入場まで30分待ちの行列。

ムンク展は30分待ち 入場だけでもひと苦労

響き合う創造展目的の場所は、地下の小さなギャラリー。

「響き合う創造」展は、日本での滞在体験からインスピレーションを受けたフランス人作家28名の作品を展示している。

小さなギャラリーだが、興味深い作品がいっぱいだった。

興味深い作品がいっぱい

お面…お祭りの光景がモチーフの作品。

日本のお祭りでは、ごくふつうに見られるが、あらためて見ると、顔がずらりと並ぶ光景は、ちょっとシュールだ。

日本人にとっては当たり前すぎるが、さすがフランス人芸術家は、見逃さなかった。

骨に漆…赤と黒で積み重なるのは…どこかで見たことがあると思ったら、鳥の骨(竜骨)だそうだ。

この作者にとって、家族揃っての食事を思い起こさせるようで、漆を纏うことで思い出のオブジェとなっている。

 

蛍光灯…伝統的な編みの技術を3Dで再現し、網目で光を和らげ拡散させている。

そして、この作品の光源は、円形の蛍光灯だ。

フランス人の目には、日本らしい姿として映るようだ。こうした視線も、とても新鮮だ。

他にもいろいろと興味深い作品もあったが、今回は、ここまで。

Posted by ろん