5096 苛立つ夜

毎日、少しは早く帰ろうと思いつつも、結局22時を回ってしまう。

この時間になっても、まだまだ終わらない仕事の山と、この先の見通しを想像すると、どんよりした気分になってくる。

カレンダーを見ると、もう11月の終わりだ。

このタイミングで、ふと、少し今年1年を振り返ってみた。

いろいろと思い出しているうちに、結局今年1年ってなんだったんだろう?…と、虚しい気分にもなってきた。

と同時に、ふと、”ヤケを起こしたくなる衝動”に駆られてくる。

でも、そんなことをして困るのは自分だから、そんなことをする気はまったくない。
自分はいたって冷静だ。

ただ、ほんの少し気に食わないのは、周囲が、僕が「絶対に”まさか”な行動を起こすとは思ってない」…ということだ。

それはそれで、まったく間違ってないのだけど、こうして自分が無理をしていることを前提にして、ものごとが進んでいるということに、軽い苛立ちを覚えてしまう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください