4684 3件3名

なんだか"見慣れて"しまって…警察署前に交通事故の件数や亡くなった方の人数などが、毎日掲げられている。

これは、もう当たり前のような光景で、単純に数字としか感じてなかったが、今日たまたま、道路の電光掲示にあった、

「昨日の死者 3件3名 走行注意」

0316-01…とあって、はっとした。

3名の死…これは、けっして、”たかが”…ではない。

2016年3月15日火曜日に、おそらく、不本意ながら命を落とした人たちの数だ。

彼らは、きっと、ふつうに起きて、学校や会社に向かったとか、何か用事があって出掛けた人たち…だ。

まさか、自分の人生を終えると思って、昨日という日を迎えたはずはない。

きっと不本意な死であったはずだ。

こうして、このようなことを書いている僕にも、起こり得ることだ。

先日のことといい、ふと、死を身近に感じる瞬間が増えた気がするのは気のせいだろうか…?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください