4638 E235系試運転と自分を重ねる

うっかり記事にするのを忘れていたのがが、先日、たまたま新橋駅で電車を待っていたところ、山手線を走る見慣れぬ列車が目にとまった。

奥に見えるのがE235系E235系だった。

華々しくデビューした運転初日に、トラブルを頻発して、運行を取りやめていたが、その後、試運転を開始していたようだ。

実物の車両が走行するのを見るのは初めてだ。

慌てて写真を撮ってはみたものの、いずれは山手線の全部の車両がこれに置き換わるのだから、ちっとも貴重な光景でもないのだけれど。

一般の営業列車に混じって試運転中鐵道車両に限らず、どんなものでも、新しい試みにおいては、トラブルはつきものだ。

そうしたトラブルを未然に防ぐには、あらゆることを想定しておくに越したことはない。

でも、片っ端から想定して、テストをしたり、その対策を打っていたら、いくらお金や時間が合っても足りない。

そうなると、優先順位を付けて、テストの”対象外” とせざるを得なくなる。

で、そういうところに限って、トラブルは発生するものだ。まるで、狙っていたかのように。

それはもう、イヤになるくらいだが、だからといって、テストや対策を怠るわけにもいかない。

怠れば、ただそこにトラブルが起きるだけのことだ。

残されて道はただひとつ。

より優先順位の精度を上げ、これまでの経験値や想像力も織り交ぜながら、頑張るしかないのだ。

これは自分自身へのエールである。

走っていったE235系を見ながら、ふとそんなことを思った。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください