[社会の窓]12月25日がクリスマス

クリスマスと言えば、いまや12月25日ではなく、12月24日になってしまったかのような感じがする。

昨日見てきた、TOWERS Milight 2015~ みなとみらい21 オフィス全館ライトアップ も、毎年12月24日の夜だけ開催している。

なぜ、これほどまでにクリスマスの前日である、クリスマスイブが意識されるのだろう?

そもそも、クリスマスイブというのは、クリスマスとは何が違うのだ?

単純にクリスマス前日という意味ではないのか?…と、気になった。

ちょっと調べてみると、一日を日没から数えるユダヤ暦(教会歴)では、24日晩からクリスマスが始まるということで、クリスマスイブというものは、つまり”クリスマス当日”なのだという。

そういった背景からすれば、クリスマスイブも宗教的には意味のある日ということはわかる。

まぁ日本においては、そうしたことを意識する機会はほとんどないのだけれど…。

2 thoughts on cialis from india[社会の窓]12月25日がクリスマス

  1. こんにちは。 
    今日は日曜日ですが、officeに仕事をしに来ています.
    その前に、ろんさんのblogをcheckしてみました。
    そして、クリスマスの山下公園 中華街の様子を、読ませていただきました。
    私の若かった時の思い出が甘くまたほろ苦く思い出されました。
    川崎在住の友人の企画で来年3月に男女6~7名で「青春playback」(古い言葉!!)をしにそこに行くことになっています。(同窓会)
    なんだか老人じみた懐古趣味とも思うのですが、、、

    最近あるblogで知ったのですが、
    今から35年前の1977(昭和「52)年9月27日の
    横浜米軍機墜落事件」の母子の像が山下公園の近くにあると。
    そのblogで、当時悲しく思ってたことも思い出しました。
    そしてまたまた、読んでいて感傷的にもなりました
    (http://hamarepo.com/story.php?story_id=1654)
    友人たちは白けるだろうと思うので、集いの前後に一人で、
    そこに行って見ようかと思いつきました。

    年をとると、連想gameのようにうれしいこと、悲しいこと、つらかったことが次々とつながってしまいます。

    さあ 今から仕事だ~あ

  2. ≫ 田中 肇さん
    仕事納めまでに、仕事が納められない状況だったのでしょうか… 日曜日にもかかわらずお仕事おつかれさまでした。
    古い友人と飲み会…とかではなく、ちょっと出掛けるなんて、いいですね…。時間が経つとどうしたって疎遠になってしまいがちですし…。
    小学生のころ、夏休みの自由研究で「戦後40年 日本の歴史」をという年表を作ったのですが、そのとき、横浜米軍機墜落事件のことを初めて知った気がします。当然ながら、いまと違ってネットのない時代ですから、図書館でこの事件のことを知り、ちょっとしたショックを受けたのことを、ご紹介いただいたリンクを拝見しながら、ふと思い出しました。
    そうですね…青春playback(笑) の場には、ちょっと馴染まなそうですから、おひとりで行かれた方が良さそうですね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください