4564 誰もが陥るオチのない光景

帰りの電車で座っていたら、会社員風の若い女性ふたり(仮にAとBとする)が正面に立った。

Aは、妙に声が大きく静かな電車の中では結構目立った。

そこへ、もうひとり女性(Cとする)が乗ってきた。

「えー、まさかこんなところで!」

…と、声を上げる。

Cは、どうやらAの友人だったようだ。

並びは、座った僕から見て、C・A・B…となる。

声の大きいAは、Cとの会話で盛り上がり、その内容は、否応なしに聞こえてくる。

その会話の中で、AとBは、同じ会社の同僚で、いま料理教室からの帰りだと言うことが分かった。

しばらくすると、Aが自宅の最寄り駅に着いたらしく下車してしまった。

残された、CとBは、Aのいたスペースを詰めて、並んで立った。

騒々しかったAがいなくなったことで、急に静かになり、どこか、気まずい空気が流れる。

そりゃそうだ。二人は初対面なのだ。

Cが、自分のスマートフォンをチェックしたものの、あまりじっと見てるのも失礼かと思ったのか、ちょっとだけ見て鞄にしまってしまった。

あとは、ふたりとも正面をじっと見ている。

ふと、降りる駅はどこかとか、勤務先の最寄り駅はどこか?といった会話をする。

けど、質問と回答を繰り返すだけで、あまり会話のキャッチボールができず、盛り上がらない。

そして、やはり会話の中心は、共通の友人のことになる。

でも、その話題も、ほどなくネタが尽きて、また気まずい雰囲気に…。

正面の二人を残し、僕が先に下車してしまい、その後の行方を追うことはできなかったが、おそらく、大きな変化もなかっただろう。

A・Bもしくは、A・Cとだったらいいけど、お互いの共通項が見つからないBとCが残される状況は、何とも居心地が悪い。

じゃあ、どうしたらいいかっていう答えも、持ち合わせておらず、結局ただ時間が過ぎ去るのを待つのみ。

これは、誰もが陥る光景だけど、どうしたらいいかという階はなかなか見つかりにくい。

2 thoughts on usa levitra super force4564 誰もが陥るオチのない光景

  1. ロンさん
    正常な状態から少し外れたこのような状況や、時にクレーマーめいた人の
    振る舞いなどを目の当たりにした時に思うのが総じて『コント』の中で
    展開されている状況に近いのでは?と最近思ってしましまいます。
    別に笑えるオチなんてそこにはないんですけど(笑)

  2. ≫ ぶりさん
    そうですね…今回のようなできごとも、クレーマーも、そしてコントも、日常生活から、ほんのちょっと外れたところで起こってること…のような気がしますね。
    そこに、面白さや、ドラマがあるのかもしれません。そしてその先に、もしかすると、オチもあるのかも…(笑)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください