4546 虚しい賭け

昨日に引き続き…そこに問題があることはわかっている。

しかも、それが、いずれ大きな問題になってしまう可能性があることも、わかっている。

でも、それをあえて放置している。

なぜか?

それは、問題が大きくなる可能性はあるが、逆に、大きな問題にならない可能性だってあるからだ。

つまり、僕は、虚しい賭けをしている。

いや、そもそも、”問題”なのだから、放っていいわけがない。

起きている問題の状況は、ほぼ理解しているし、どういうふうに対策を取ればいいかということについても、ある程度はわかっている。

じゃあ、すぐ対処すればいいはず…でも、やらない。

なぜか?

それは、周囲や上長の”報告”が大変だからだ。

報告をするためには、情報を取りまとめ、想定されるあらゆる質問に備えて、準備をして…という時間が必要だ。

しかし、対応できる時間は限られ、どんどんと、さまざまな新たな、そして重い問題が割り込んでくる。

「抱えている問題」と「目の前に現れた重い問題:を比べ、後者を選ぶ方が、まずは仕事が回ると判断しているのだ。

これも、ある意味賭けだ。

前者の問題が、実は大変な問題抱えていないとも限らないからだ。

対処が遅れることで、問題が大きくなることだってある。

それでも、賭けを続けいている。

ーーー

こんな虚しい賭けをやめたい。どこかでこの状況を断ち切りたい。

まずは、問題から逃げず、立ち向かうことから始めないと…とは思うのだけど…

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください